卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/08/19(火)   CATEGORY: ダンス
舞踏ワークショップwith Vangeline
フランスからやって来たVangelineのワークショップに行ってきました。

彼女の言葉にのせて身を任せていると、
身体の中から何かが動き出してくるのを感じます。

あるときは、自分で今まで感じたことのないような
獣のような黒くてパワフルな力が
溢れ出して来て、
あまりの力に躊躇していると
Vangelineは、

怖がらず、その力と向かい合いなさい。
力をコントロールできるのはあなただけ。
誰にもあなたをコントロールすることは出来ないのよ。
自分の力を信じて。

と横で語りかけてくれます。
とにかく、すべての時間が
彼女の投げかける言葉とともに
流れていきました。

また、ある時は、おへそのあたりと、みぞおちと、心臓のあたりの
3ポイントを順番に指で押し続けて
身体の動きを探るエクササイズがありました。

なぜか、私はこのエクササイズになってから
身体が全然動かなくなってしまい
どうしたんだろう。。。と思っていると
なんだか急に涙がこぼれだして。。。
周りでも泣き出している人が続出。
あ、私だけじゃないんだと思ったとたん
もっともっと涙が溢れ出して、
まるで子供のように声を上げて泣いている自分がいました。

何があっても、何も考えず
ただ、この3つの点をおしつづけて。。。


また、Vangelineの言葉だけに耳を傾けて
その言葉に従っていると
すこしずつすこしずつ身体が動きだしました。

恐怖を克服して、一歩前に進めた自分のことが、
少しだけ、好きになりました。
自分自身がとても愛おしく思えました。

私は、ただただダンスが好きで踊って来たけれど
昨日のワークショップでは、
ダンスというものが、もっともっと深い所で
自分自身と結びついていることを知りました。

このワークショップに参加する際に
一人必ずひとつ、お花を持ってくるように言われていました。
みんなが持って来たお花で
ステキなブーケが出来上がり、
クラスの最後に、一人一輪ずつ
自分のと別のお花を受け取って
ワークショップに参加したみんなと
つながって、クラスは終了しました。

身体も心も大満足のワークショップでした。
3日間のワークショップだったけれど、
お仕事が休めず、一日だけの参加でしたが、
私にとってとても深い5時間でした。

突然涙が溢れ出した、このエクササイズに
とても興味があって、クラスが終わってから
Vangelineにこのことを聞いてみたら、
この3つの点のことを教えてくれました。

おへそは、Decision,
みぞおちは、Feeling,
心臓のあたりは、Heart.


人は、人生を歩んでいく時にこの
3つの感覚をいつも感じて生きているんだそうです。
どれか一つが大きすぎても、
どれか一つが小さすぎてもいけない。
すべての調合がとても大切なんだとか。

このエクササイズをすることで
自分の今を知ることが出来たような気がします。

そして、これからの道を選んでいく時、
この3つすべての感覚に耳を傾けて
歩んでいきたいなぁと思いました。


スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2014/05/03(土)   CATEGORY: ダンス
National Dance week
今年も私の大好きナショナルダンスウィークがやってきて
毎日、いろんな種類のダンスのクラスを無料で受けまくっております。


最初にとったのはDeborah Slaterさんのダンスシアターのクラス。
ノートに文章を作りながら、それにそってダンスを作り上げていくというもの。
気になった言葉を、口に出したり
子供の頃を思い出す曲を歌に歌ったり
いままでにないダンスとの関わり方を
新たに学びました。

Mela Amaiyaさんのアフリカンキューバンダンスのクラスも受けました。
これまた、新たなジャンルで
チャクラを感じながら
身体を部分ごとにぐるんぐるんまわしたり
シェイクしたり
パワフルなクラスでした。

Leslie Schickelさんのクラスは
「歩く」ということを身体を分解して教えてもらいました。
「歩く」という行為は、たくさんのスパイラルが重なって起こっていて
それはとても美しい動きだということ。
いつもは気づいていなかった新しい発見でした。

そしてArmando Davilaさんのクラスでは、
卑弥呼初めてのHip Hopの基礎を習いました。
”Learn to Love the Floor”というタイトル通り
フロアーを使っての動き
新たにいろいろ教わりました。

ダンスを通しながらの新しい発見の毎日。
なんて幸せなウィーク〜。
毎年、この時期になると
その幸せを感じています。

さて、明日は私の通っているダンカンダンス
オープンクラス&オープンリハーサルがあります。
ダンカンダンスって何?って思っている方
ぜひぜひスタジオに遊びにいらしてください。
もちろん無料です!!
一緒に踊りましょ。

あぁ、ダンス最高!!
I love Dancing!!!










CO*0 ] page top
DATE: 2014/04/23(水)   CATEGORY: ダンス
クノイチになる
日曜日、サムライゲイシャフェスティバルが、無事終わりました。

お忙しい中、会場に足を運んでくださった皆さん
ありがとうございました。
仕事の仲間や、社長までも応援に駆け付けてくれて
本当にうれしかったです。

クノイチになるということ。
私にとってかなりの挑戦でした。

今までにない動きを学ぶため
お友達にマーシャルアートを教えていただいたり
映画から学んだりした訳ですが
この、「闘争心」とか「殺意」といった
エネルギーは、あまりに強烈で
押しつぶされそうになりながら、
必死に自分を踏ん張りながらの戦いでした。

でも、向き合っていく中で
いろんな方に言われたのは、
私にとって、このエネルギーもとても大切だということ。
初めは、「え〜っ!!無理無理。。。」
と思っていたのですが
向き合いながら学んだのは、

クノイチは、いつ死んでもいい覚悟で
日々を生きている。

ということ。
この覚悟って、人生の中にとても必要なんじゃないかと思いました。
何かを後回しにするのではなく、
一瞬一瞬が、勝負。
そういう気持ち、これからも持ち続けたいと思います。

共演させていただいた、らんこさんの花魁もとても迫力満天でした。
動きの一つ一つがすばらしく、さすがだな〜と感心の連続。

そして、いつもお世話になっているヘアメイクのひろえちゃん。
今回のイベントは、彼女の力なしでは、私をここまでクノイチにすることは
出来なかったお思います。彼女のプロフェッショナルな総合的な芸術の力に
いつも、驚かされてばかりです。

それから、サイクラブのみなさんとの初共演。
生の音楽で舞うことが出来たこと、
そして、こんなすばらしい機会に誘っていただいたこと
感謝です。

今回もまた、いろんな学びがありました。
みなさん、本当にありがとう。

photo+1+(2)_convert_20140423060427.jpg

10298048_10201805859253536_3656518030861857608_o_convert_20140423053843.jpg



さて、次はまたがらりと変わって
ダンカンダンスの年に一度のビックイベント
ディオニシャン フェスティバル」に参加します。

気を入れ替えて、またがんばりま〜す!!
また新たな卑弥呼を見に来てくださいね。





CO*0 ] page top
DATE: 2014/03/26(水)   CATEGORY: ダンス
吉岡由美子さん舞踏ワークショップ
久しぶりにブログを開いてびっくり。
なんと、お正月から開いていなかったなんて。。。
何度も訪れてくださっていた読者の皆さんごめんなさい。

今年はなんだか、流れがとても早くて
着いていくのに必死です。
でも、新しいことも次々に起こっていて
なんだかわくわくしています。

先日、ドイツ在住の舞踏家、吉岡由美子さんの舞踏ワークショップに参加してきました。
仕事の調整ができず、今回はやっぱり無理かなぁとあきらめかけていたのですが、
突然、一日追加になり、念願かなって参加できることになりました。
舞踏というと、どこかとてもネガティブなイメージが強く
どこかで抵抗があったのですが
吉岡さんのワークショップは、流れるように
身体を動かし続け、いつの間にか
普段使っている頭だけの感覚が、身体に集中して来て
4時間、10分の休憩以外踊り続けていたのが嘘のように
あっという間に時間が過ぎてゆきました。

時に水の中をさまよってみたり、クラゲになってみたり、
芸者歩きをしてみたり、見えないボールで遊んでみたり。。。
頭の上に、お水を乗せてそれをどこかに届ける練習が
いつのまにか、すり足の練習になっていたりと
吉岡さんの言葉にだけ耳を傾けながら
身体を解放していく作業、とっても楽しくて
身体が大喜びしているのがわかりました。
見えないボールを目の前に感じたときは、なんだか涙までこぼれてきたりして。

本当にすばらしいひとときでした。

吉岡さんが、最後に言った一言。
Life is never ending story...
この言葉が、とても心に響きました。

私の人生に、ダンスがあって本当に良かったなぁって思います。
自分が自分になれる場所。

これからも、ダンスとともに
人生歩んでいけたら幸せだなぁ。。。

ということで、今年は、
なんだかいろいろダンスのお誘いのお話を頂いていて
まずは、4/20 Samurai Geisha Festivalに参加させていただくことになりました。
私、卑弥呼、初の花魁になる予定。
ただいま、花魁の研究中であります。

もし、お時間ございましたら
花魁姿を見に来てください。

イベントの情報はこちら↓

SAMURAI GEISHA FESTIAL


今年は、ガンガン踊ってゆきますよ〜。

CO*0 ] page top
DATE: 2013/11/28(木)   CATEGORY: ダンス
自分とつながる
先週の日曜日。
久しぶりにダンカンダンスのクラスがありました。
先生は、日本に行かれていて不在だったなのですが
みんなで集まって大好きなダンカンを共に踊りました。

先週から、体調崩していて
かなり身体と心のバランスがぐらついていたのですが
ダンカンダンスを踊ると
自分のぶれている軸をまた見つめ直すことが出来ます。

風を感じたり、空を感じたり、大地を感じたり
ダンカンダンスを踊るたびに
からだと自然のつながりをまた
思い出させてくれる。

人が、本来もっている自然の形。
日常生活でついつい忘れかけてしまうもの。

ダンカンダンスは、そうしたものを
私に気づかせてくれる
とても大切なものです。

幸せなひとときに感謝。
もっともっと踊りたいなぁ。



CO*0 ] page top
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。