卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/09/03(水)   CATEGORY:
Delicaで学んだこと。
3年間お世話になったDelicaを卒業することになりました。

ちょうど3年前、あの地震の時、私はたまたま日本にいて
4ヶ月間日本に滞在し、家族のいる日本へ引き上げる頃かなぁ
と心が揺れ始めていたときでした。

とりあえず、荷物の整理もかねて
サンフランシスコに戻って来て、
日本に帰国間での間、働ける場所はないかしらと思っていた時に、
Delicaと出会いました。

Delicaは、日本のRF1というお惣菜屋さんの系列から独立したお店で
昼間は、お惣菜やお弁当を売っているデリです。
ちょうど4年前に、ディナーが寿司バーとしてオープンしました。

「食」をこよなく愛する社長と
お寿司の世界ではめずらしい女性の寿司シェフとともに
たくさんの仲間に囲まれて、多くのことを学ばせてもらいました。

イーストべイには、とにかく食にこだわる人がたくさんいます。
野菜だけを食べる「Vegan」
野菜プラス、卵やチーズなどはOKという「Vegetarian」
小麦粉をいっさいとらない「Gluten Free」など。。。

私達は、こういった人たちも食べられるような
メニューも用意していました。

また、お魚も日本のお魚やローカルのお魚など
いつも新鮮なものが入って来て
それを使って、味だけでなく目でも楽しめる
アートのようなお寿司が出来上がる。

そんなステキなお料理たちを目にしたり
味見させていただいたり
毎日が新しい発見でした。

働き始めてしばらくした時、
私はもっともっとここでいろんなことを学びたいと思い
両親にそのことを相談しました。
アメリカで一人で生きていくのは
決して、簡単なことではなくて
両親にもずいぶん迷惑をかけてきました。
でも、ようやく一つの新しい道が見つかり
学んでみたいことがあるなら
もう少し頑張ってみたら?
と背中を押してもらい、サンフランシスコに残ることを決めたのです。

あれから3年。
新しい人もたくさん入れ替わって
いろんな仲間に出会いました。

観光客や、地元の方や
オフィス帰りの方などなど、
たくさんのお客様とも出会いました。

ベイブリッジを目の前に
美しい景色を見ながら
本当にたくさんの出会いがありました。

あきらめかけていたパフォーマンスの道も
みんなが応援してくれて、
細々ではありますが、
また、続けられるようになりました。

Delicaは、ただの職場ではなく私にとって家族のような存在です。
だからこそDelicaを去るのは、とても寂しいです。。。

でも、そろそろ次のステップに進む時が来たようです。
Delicaで学んだことを生かして
また新たな場所で頑張ることが
今、私に出来る恩返しだと思っています。

今まで本当に本当にお世話になりました。

10612920_10204494637113738_6306995598458493952_n_convert_20140903010133.jpg














スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2013/09/19(木)   CATEGORY:
お寿司作り
先日、知り合いのハウスパーティーでお寿司を作りました。

手まり寿司は以前に作ったことがあったけれど
ロールは初めて。
DELICAで働き始めて2年。
プロの寿司職人さんの技を目で見て学んできましたが
見よう見まねでなんとか出来上がりました。

マグロロール、サーモンロール、ベジロール。

1176390_10201862121102483_951532679_n_convert_20130919023025.jpg

サーモンとマグロのモザイク手まり寿司

65015_10201862119942454_1981414891_n_convert_20130919023009.jpg

親子寿司

1238232_10201862119542444_29586317_n_convert_20130919022947.jpg


すし飯は、アメリカのご飯を使ってしまったので
ちょっと失敗してしまったけれど
見た目は、なんとか寿司らしくなって一安心。

お休み前で、お店に出せないお魚を
お店から譲っていただき、
何とも贅沢な材料に恵まれました。
感謝感激!!!

アメリカに来るまでは、ほとんどお料理なんて出来なかった私。
一人暮らしを始め、レストランで働きながら
少しずつ、お料理の楽しみ方を学んでいます。

まだまだ半人前ですが、お料理ってやっぱり楽しいなぁ。

「食」って本当に大切だと実感する毎日。
もっともっといろんなものを作れるようになりたいです。



CO*0 ] page top
DATE: 2013/08/03(土)   CATEGORY:
ケータリングのお仕事
今週は、プライベートパーティーがあったり、ケータリングがあったり
毎日忙しく過ごしています。

ケータリングの写真を少しご紹介。

今回のメニューは、

ごぼうとレンコンのサラダ

photo+(35)_convert_20130803015410.jpg

トマトサラダ

photo+(40)_convert_20130803015930.jpg


ロースト鴨の刺身

photo+(37)_convert_20130803020445.jpg


とうもろこしのグラタン

photo+(38)_convert_20130803020625.jpg


ロブスターの天ぷら

photo+(36)_convert_20130803020810.jpg


そしてお寿司&ローストビーフ

photo+(39)_convert_20130803021025.jpg

さらに、お食事の前にちょっとつまめる
サーモンとマグロの漬けカナッペも。

photo+(33)_convert_20130803021308.jpg

カナッペ作りはなかなか楽しかったです。
今度、お家のパーティーでも作ってみたいなぁ。

そして、お花は生け花の先生にお越しいただき
生けていただきました。

ひまわりが入ると、夏らしい。

photo+(45)_convert_20130803021637.jpg

テーブルの上のお花は、まるでケーキのようでした。

photo+(42)_convert_20130803021931.jpg

そして、ナプキンにもこっそりお花が。

photo+(41)_convert_20130803021959.jpg

ケータングのお仕事をする度に、
新たな発見がいっぱい。

いつもとはひと味違う空間で
食を提供するのもまた楽しいものです。

長い一日でへろへろでしたが、
たくさんの収穫があり、充実した一日になりました。

こんな素敵な経験をさせていただける仕事場に感謝です。

さぁ、今日もがんばろう!!

CO*0 ] page top
DATE: 2013/06/13(木)   CATEGORY:
地ビール、日本酒、焼酎。。。
先週末から、レストラン関係のイベントが重なり
いろいろ学ばせていただいています。

週末は、サンフランシスコ空港近くのホテルでのイベントに
一日アルバイトを頼まれて
久々の5:00起き。眠い目をこすりつつ出かけてきました。
私の担当は、地ビールブース。
岩手、群馬、東京、千葉、横浜。
みんないろんな地ビールを作っているんですね。
知らなかった〜。

私もお客さんも一番気になったのは
いわて蔵ビール
「山椒ビール」。
ビールの底には山椒のパウダーが。
後味さっぱりで、いろんなお料理に相性が合いそう。
お寿司屋さんや、これからうなぎの白焼きをメニューに出すという
焼き物屋さんなどが購入してくださいました。

東京の酵母がまだ瓶の中で生きていて
味がどんどん変わるという石川酒造さんの
多摩の恵み」というビールも飲みやすいビールでした。

久しぶりに黒スーツ何ぞを着て、心が引き締まる一日でした。

そして、今週に入り月曜日は、
今度は、食品関係の会社のイベントに
今度は、レストラン側の一員として参加。

ラーメン、お好み焼き、餃子にマンゴープリンなど
食べ物もいろいろ。
まるで大学時代の文化祭のような盛り上がりの中
新しいお酒のテイスティングもしっかりしてきました。
今回は、デザート系のお酒をいろいろテイスティングしましたが、
梅酒はもちろんのこと、ゆずのお酒や、赤米のお酒、そして
アメリカ人が大好きなにごり酒も、イチゴ味なども生産されていて
お酒の方も、どんどん新しいものが増えていることを知りました。
どの業界も、みんな必死にがんばっているんですね〜。

そして昨日。
一服で定期的に開かれているお酒と焼酎のお勉強会。

今回のお酒は、手取川で有名な吉田酒造の「手取川山廃」と「金華」。
山廃仕込みで作られているので
味がとっても複雑です。
山廃仕込みというのは、
手間がかかる上に、リスクも大きく
杜氏の腕が試される方法。
なので、山廃仕込みを続ける酒蔵は年々減って来ているんだそうです。

吉田酒造さんの映像を見つけちゃいました。
ぜひごらんくださ〜い。

コチラ


そして焼酎は、玄海酒造さんの「壱岐
山の守酒造さんの「山の守
豊永酒造さんの「豊永蔵
そして、佐藤酒造の黒の「佐藤」。

焼酎の楽しさは、芋、麦、米、をはじめ、
お茶、そば、人参、ごまなどなど
いろんな材料を使って作れるところと
飲み方もいろいろ楽しめるところ。

いろんな飲み方を試してみましたが
私のお気に入りは、麦焼酎の「壱岐」「山の守」はロック。
米焼酎の「豊永蔵」はストレート。
そして、芋焼酎の「佐藤」はお湯割り。かな?

お酒の世界は本当に奥が深い。。。
まだまだ学ぶことが一杯です。

でも、アメリカにいながらこうして
日本の食やお酒を学べる環境にいることに
あらためてしあわせを感じた数日間でした。

あ〜、それにしてもよく飲んだなぁ。





CO*0 ] page top
DATE: 2013/06/07(金)   CATEGORY:
人を良くする「食」
昨日、IPPUKUのサザエさんのポスターの話をブログに書いていたら
DELICAでは、本物のサザエが〜。

936267_10201130368689130_1952408901_n_convert_20130607001009.jpg

見た目はかなりグロテスクですが、おいしそう。
味見、してみたいなぁ。

ところで、サザエを英語で何というか知っていますか?
Turban shellって言うらしいですよ。
確かに、貝の形はターバンみたいですよね。
おもしろ〜い!!

「食」という字は、「人」を「良」くすると書きます。
「食」と関わる仕事ができてしあわせです。
もっともっといい「食」と関わっていきたいなぁと思います。

デリカの6月メニューの試作品が出来上がりました。

421218_10201131068346621_2067713475_n_convert_20130607001600.jpg

EBI AVOCADO SALADです。
みんなで試食しましたが、かなりおすすめの逸品に
仕上がっています。

おいしい「食」をもっともっと提供できるように
今日もがんばります!!

CO*0 ] page top
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。