卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/01/06(土)   CATEGORY: 未分類
雨の輪
いや~ぁ、今日は一段と冷え込んだ一日でしたね。
朝からの雨はみぞれになるのではと思っちゃうほど。
でも、昨日から騒がれていた嵐はやってきませんでした。
大丈夫かなぁって心配していたけどよかったぁ。。。。

雨乞い屋の卑弥呼ですが、
実は雨はあんまり好きではありません。
やっぱりぽかぽか天気が一番です。
しとしと降り続く雨はなんだか
気分まで暗~くなっちゃって。。。

でも、そんなちょっぴり苦手の雨を
今日ポケ~っと眺めていたら
素敵な光景に目がとまりました。

それは。。。
水たまりに落ちる雨の輪。
道路に出来た水たまりの中に
雨粒が落ちるたびに
ポワ~んポワ~んと出来る雨の輪。
大きいの、小さいの、中くらいの
いろんな輪が次々に広がっては
消えていくんです。
なんだかとっても面白くって
しばらくじ~っと見入ってしまいました。

その動きは目を通じて
身体に入り、新しい感覚が
リズムを刻んで。。。
なんか不思議な体験でした。

身近なものにもっともっと
目を向けること
大切ですね。

いろんな発見があるはずですもの。

帰り道、雨もすっかりやんだ
お空の上には美しいお月さま。
すぅ~っと
吸い込まれそうになりながら
とっても幸せ気分になりました。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2007/01/05(金)   CATEGORY: 未分類
天国のおじいちゃんへ
私がまだ小学6年だった今日1月5日。
おじいちゃんは天国に旅立っていきました。

私が初めて向き合ったひとの「死」
それがおじいちゃんの死でした。

布団に横たわったおじいちゃんは
とっても小さかった。
でも、顔は穏やかで、寝息がすーすー聞こえる気がしたよ。
家族はお葬式の準備をしなくてはならないということで
私は、一人おじいちゃんの横で
大好きな書き初めの宿題を一人黙々と続けていたね。
線香の灯を絶やさぬようにしながら。

あのときから、おじいちゃんの姿は
なくなってしまったけど
でも、いつも私のそばにいてくれるのを感じているよ。

私に必要な試練を与えてみたり
そ~っと温かく見守ってくれたり。。。
思わぬご褒美をプレゼントしてくれたり。

でも、私はなかなか成長してないね。
何度も転んでばかり。
そして弱虫病に負けそうになる。。。
いつになったら、
一人で立ち上がれるようになるのかしら。

ごめんね。おじいちゃん。
私、もっともっと強くなるからね。
おじいちゃんが安心して
天国から見守っていられるように。
CO*0 ] page top
DATE: 2007/01/03(水)   CATEGORY:
心のサプリメント☆
昨日、今日と大切な時間を過ごしました。
かけがいのない時間。。。

1月2日。
父方の祖父母の家でお正月。
親戚全員集合とはいきませんでしたが
おじさん、おばさん、いとこたちも集い
賑やかなひととき。
予約しておいたちょっと豪華なお節と
お寿司をを食べながら
ビールに、焼酎に、日本酒熱燗。。。
いや~ぁ、よく食べて飲みました。
ちょっと調子に乗りすぎて
最後は、うぅぅぅぅ。。。。となってしまった
卑弥呼ですが。。。
まぁ、お正月だからよしということで。

お節料理についてきたお品書きに書いてあった
重箱に入っているお料理の意味。
これが勉強になることばかり。
皆さんにもご紹介しちゃいます。

黒豆ーまめに暮らす
数の子ー子孫繁栄
昆布ー喜ぶ
かちぐりー勝つ
鯛ーめでたい
錦たまごー白身と黄味の二色を錦にかけた
栗金団ー黄金色の色彩から
伊達巻ー「伊達」の華やかさと派手さが正月らしい
竹の子ー「健児」を願う
海老ー腰が曲がるまで長生きを
慈姑ー芽が出るように
ちょろぎー「長老喜」をあてて長寿祈願

だそうです。私は「めでたい」しか知らなかったぁ。。。
皆さんはご存知でした?

1月3日。
父方の祖父母とおばさん(父の姉)、
母方の祖母、そして両親と私の7人で
初詣に行ってきました。

どこも混んでいるだろうということで
ちょっぴり山奥に入ったお寺へ。
すると、予想通りだ~れもいなくって
のんびりお参りできました。
でも、おみくじ売り場もなく楽しみにしていた
今年の運勢はまだわかりませんでしたが。。。
これは、もう少し先のお楽しみ!!

お参りした後、白鳥が見れる沼があるというので
行ってみよう!ということに。
でも、白鳥といえば
バレエでかの有名な「白鳥の湖」もあるように
湖です~いす~いと優雅に泳いでいる
イメージしかなかったので
沼に白鳥????という想像がまったくつかなかった卑弥呼。

しか~し!!車の窓から外をのぞいていると
本当にいました!!白~い群れ。
それも水もほとんどないどろどろの沼の中に。

人にもなれているようで、近づいても逃げる気配もなく
ひたすら、なにやら泥の中にくちばしをつんつんして
何かを食べている様子。。。
う~ん、あの優雅なイメージが一瞬にして崩れ去りました。

でもね、羽を広げて飛び立つ姿は素敵。
ものすご~く大きくなるんです。
ゆっくり羽を動かして飛ぶ姿には魅了されちゃいました。
あ~ぁ、私もあの大きな羽で空を飛んでみた~い。。。

その後、お腹もすいてきたということで
今度は鴨料理のお店でお昼ご飯。
卑弥呼は鴨汁っていう鴨のお肉入りのお汁に
ざるそばをつけて食べるつけめんをいただきました。
鴨のお出汁が出ていて最高!!
お汁もそば湯を入れてきれいに最後まで飲んでしまいました。
あ~、しあわせ~。

お参りしたり、白鳥見たり、美味しいモノを食べたり。
どれもしあわせだったけれど
なにがいちばんしあわせって
卑弥呼の両方の祖父母とおばさんと両親。
卑弥呼にとって大切な人たちと一緒に
幸せなひとときをを過ごせたのが
一番のしあわせ。
心にたくさんのサプリメントが
与えられた気分。

こんな素敵な時間をプレゼントしてくれたのは
天国のおじいちゃんかしら?
ありがとう。大切な宝物のようなひとときでした。
CO*0 ] page top
DATE: 2007/01/01(月)   CATEGORY: 未分類
Welcome to 2007!!!
あけましておめでとうございます!!
わ~い。2007年になりました!!

皆さんはどんな年越しをしましたか?

卑弥呼は、久々に迎える日本での年越し。
お隣ファミリーと2件で集ってわいわいと過ごしました。

ごちそうを食べながら、
紅白やら、フィギュアーのエキシビションやらを
チャンネルをカチャカチャしつつ楽しみ、
紅白終わる頃には
エビ天入りの年越しそばもしっかり食べて、
そのままNHKで各地の初詣の様子をみていたら。。。
10人ぐらいの大人数でうつ
知恩院の除夜の鐘が放送されました。
この鐘をうつ人は体をはって
ぐい~んと身体を一直線にしてスーパーマンのようでした。
それに、みんなで圧倒されてすご~い!!
って見とれていたら、
「2007年になりました~っ」てアナウンサーさんの一言。
あらら、カウントダウンしそこなって
なんだか調子抜けの年越しとなってしまいましたが。。。

卑弥呼の大好きなアスティという
ちょっぴり甘~いシャンペンでかんぱ~い!!

おととしは、NYのタイムズスクエアで
人ごみの中でのカウントダウン。

昨年は、ブラジル人のお友達のお家で
アーティストがいっぱい集ってのパーティー。

そして今年はひさびさに日本に戻って
家族とともに過ごした年越し。
なんか、毎年それぞれの思い出があるけれど
やっぱりお正月は日本で迎えるとほっとするなぁ。。。

大掃除をして、玄関をお正月風に飾り付けしました。
クリスマスツリーに引き続き
着物もミニチュア版です。
鏡餅の上に乗っけるみかんは
我が家のお庭に鉢植えでおばあちゃんが育てて
3つだけ実をつけたおみかんにしました。

さぁ、2007年もとうとうスタートしました。
今年はどんな年になるかしら?
心新たに、また一歩を踏み出してみます。

ゼロから再スタートの卑弥呼ですが
どうぞ温かく見守ってください。
よろしくおねがいいたします。

皆さんにとってもすてきな2007年になりますよ~に☆
CO*0 ] page top
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。