卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/01/27(日)   CATEGORY: 映画
「レッスン!」
久しぶりにDVDを見ました。
タイトルは、「レッスン!」
主演は、アントニオ・バンデラス。

落ちこぼれの高校生たちが
社交ダンスに出会って、
失いかけた夢を見つけ出すという感じの内容です。。
舞台は、NY。

「社交ダンス」「NY」「夢」というキーワードが
この映画に卑弥呼の心を惹きつけました。

大学時代、卑弥呼は競技ダンスのサークルで
練習に明け暮れる毎日を過ごしました。
今は、違う道に進んでしまったけれど
卑弥呼の人生で出会わせてもらった
競技ダンスも、やっぱり素敵。

同じフロアーで汗を流した仲間たちは
そのまま、プロの道に進んだ人もたくさんいます。

先日、本屋さんでふと手に取ったダンス雑誌では
仲間の一人がとうとう日本一になって表紙を飾っていました。
なんか、自分の事のように嬉しかったぁ。
みんなそれぞれの道でがんばっているんだなぁと思って。
またひとつ、勇気をもらった。

卑弥呼は、競技ダンスの道からは少し外れてしまったけれど
でも、やっぱり踊る事が好き。
踊るって国境がないから。

今まで、日本だけでなく
アメリカ、イタリア、フランスなど
いろんな国でパフォーマンスをさせていただく機会を
与えていただいたけれど
たとえ言葉が通じなくても
音楽や踊りって、人と人との心の橋渡しをしてしまう。

まるで虹がかかるように
みんながきらきらと
笑顔を浮かべて喜んでくださるのが何よりも嬉しい。

これからもっともっと卑弥呼の世界を
大切に作り上げて、一人でも多くの人が
笑顔になってくれるような
そんなパフォーマンスが出来るようになりたいな。

私も夢に向かって、がんばろう。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/25(金)   CATEGORY: 未分類
大切な仲間
昨日は、嵐のようなものすごい風でしたね。
いろんなモノが、宙を舞っていました。

雪が降ったり、嵐のような風が吹いたり
お天気もいろいろで忙しそう。

でも、ふと庭の梅の木に目をやったら
小さな蕾がしっかりと枝の先で春を待っていました。
もう春はすぐそこまでやってきているんですね。

さて今日は、中学時代のお友達と久しぶりに会って
ランチをしてきました。
合唱部でとっても深みのある歌を歌っていた彼女は、
そのまま音楽の道に進み、
今は、歌の先生に。

コンサートには、よく生徒さんを連れてきてくれていたのですが
会場ではゆっくり話す事も出来なくって。。。
今日ようやく、ゆっくりと話をする事が出来ました。

芸術を愛する私たち。
好きな事を思いっきり語りあえるって
なんて気持ちがいいんだろう。
次から次へと話は尽きず、
時間が経つのも忘れて語り合いました。

そして、お互いに刺激を分け合い
パワーをもらって帰ってきました。

仲間っていいものだなぁ。

今日も素敵な時間を過ごせた事に感謝。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/24(木)   CATEGORY: 未分類
「雪」乞い屋 卑弥呼!?
卑弥呼と名前を変えてから、
ますます雨乞い率が高まっている卑弥呼ですが
とうとう雪まで呼んでしまうとは。。。
我ながらびっくり!!です。

はい。昨日は確かに演奏をしておりました
レインスティック。
今年初の「心の宅急便」で
会場は、軽井沢中学校。
最初依頼をいただいたとき
えっ、長野に行くの~?と驚いた卑弥呼ですが
実は、横浜市立軽井沢中学校です。
横浜駅の近くにあるきれいな学校でした。

雪のお陰で、いつも以上に冷えきった体育館でしたが
あたたかい真心をいっぱいただき
心の中は、ほっかほか。

背中に貼るカイロをはり、
手元には、お友達にいただいた
リラックマのカイロ入れを常に持参し
寒さ準備万端!!
と思っていたのですが
それでも、手が思うように動かなくって
ピアノを弾くのは、かなり大変でした。。。
でも、あるがままの私の中で
精一杯パフォーマンスさせていただきました。

いつもは、朗読&講演のヒロコ・ムトーさんと
私、そしてスタッフ2人の4人で動いている
「心の宅急便」ですが
昨日は、プロモーション用のDVDを作る為に撮影に来てくださった
カメラマンの方や、読売新聞の記者さん、
ヒロコさんのお友達などなど。。。
たくさんの方が応援に駆けつけてくださって
何だかとっても賑やかでした。

「心の宅急便」の様子は、近いうちに読売新聞で
紹介していただけるみたいです。
また詳細がわかったらお知らせしますね。

自分を信じて、一歩一歩。
さぁ、来週もがんばるぞ~。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/22(火)   CATEGORY: 音楽
不思議なご縁
20日に、友人と一緒に
花世ちゃんのライブに行ってきました。

花世ちゃんもまた、卑弥呼の周りの妊婦さんのひとりで
6月に出産予定だとか。
お腹のベビーちゃんとともに
生み出される花世ちゃんの歌声は
今までの天使のような透き通る声に
さらに力強さが加わって、マリア様のようでした。

言葉の一つ一つが美しくって
卑弥呼の心は、とっても喜んでいました。
あまりに喜びすぎて、涙までぽろりと。

身も心もすっかり浄化されました。

そして。このライブでは不思議な出来事がありました。
会場について、私の席のお隣に
どこかで見た事のある顔が。。。

あ。

中学時代のクラスメイトにそっくり。
でも、彼女は瓜二つの双子ちゃんで
卑弥呼は片方の子とは1年生のときに
もう片方の子とは2、3年生に
どちらの子とも同じクラスになっているので
う~ん、どっちだろう。。。と頭にいっぱい?を抱えながらも
思い切って声をかけてみました。
そしたら、1年で同じクラスだった子でした。

わ~。久しぶり~!!
と積もる話に花が咲き。。。

もうすぐ結婚をするとの事で
一緒に来ているご主人を紹介された卑弥呼。

そしてまたもや
あれ~。どこかで会った事がある気がする。。。

なんと、オープニングをつとめさせていただいた
年末の佐藤富雄先生の
出版記念パーティーの際に
マイクや音響のチェックを快く引き受けてくれた
とても親切な方がいたのですが
その彼が、友達のご主人になる彼だったのです。

なんという偶然。
いや、これは偶然ではなく必然だったんですね。

人間の縁って本当に不思議です。
人生の道を歩んで行く上で
出会うべき人は
きちんと決められているんですね。

出会いって素敵だなぁ。
そして。。。

人生ってやっぱり面白いなぁ。

これから訪れる出会いも
ひとつひとつを大切にしていこう。
そう、心に誓った卑弥呼でした。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/18(金)   CATEGORY: 書道
今から3年前。
池袋にある「明日館」という素敵な講堂で
「命」というタイトルのコンサートを開きました。

絵本作家の葉祥明先生をゲストに招いて
音楽、ダンス、そしてトークも交えてのコンサート。

そのときのチラシ用に、卑弥呼が書いた「命」という文字。

命


久々に見つけてしまい
なんか、「命」について書いてみたくなりました。

人はみな「生」を受けてから「死」を迎えるまでの期間
「命」と向かい合います。

命ってまるでろうそくのよう。

太いけれど、短い人もいるし
ひょろひょろと細長~い人もいる。

でも、どのろうそくも、この世に生まれて
火を灯してもらったからには
最後の最後まで、その炎を大切に灯し続けなくちゃいけない。

私の命のろうそくはどんなろうそくかなぁ。
目に見る事は出来ないけれど、
光を感じる事は出来る。

どんなことがあっても
炎を絶やす事のないように、
大切に大切に、灯し続けて行きたいなぁ。

みなさんの「命」のろうそくは、
元気に灯っていますか。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/17(木)   CATEGORY: 未分類
白い世界
ここのところ、寒さが厳しいなぁって思っていたけど。。。
朝、目が覚めたら、何となく外が明るい気がする。

そして、一緒に暮らす祖母が一言。
「雪、降ったよ。」

慌ててお外に飛び出すと。。。
わ。外が白い世界に変わってる。

毎日見ている風景のはずなのに
全く違う世界に迷い込んだみたい。

雪ってすごい。

お庭に置いてあるいすが
こんなにかわいいレース模様のようになっていました。

Image0601.jpg


気温はとっても寒いけど
心は何だかあったかい。

でも、雪の命は本当に一瞬で
お昼過ぎには、すっかり溶けて
いつもの風景に戻っていました。

はかないからこそ 美しいのかな。
初雪を満喫した卑弥呼でした。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/16(水)   CATEGORY:
ちゃんこ&フレンチ
昨日、今日とごちそう三昧の卑弥呼です。

昨日は、昨年NYで会って以来の久々の再会になる
ピアニストの天平さんと お友達二人と一緒に
広尾にある「玉海力」というちゃんこ屋さんへ。
人気のお店らしく、店内は満席。

しばし待って念願のちゃんことご対面。
お相撲さんが運んできてくれる
鍋の中には、海鮮、野菜、お肉すべてがてんこもり。
みそ、しょうゆ、塩、キムチの中からテイストも選べます。
私たちは、みそをチョイス。
ぐつぐつ ぐつぐつ 盛りだくさんの具材たちが
鍋の中で踊りだすのをひたすら待って。。。。
いっただきま~す!!

複雑なお出汁が出ていて美味しい。
はふはふ いいながらいただきました。

鍋の具材を食べ終わったあとは
おそばを持ってきてもらって
またぐつぐつぐつぐつ。
これまた、みそとの相性が抜群でなかなかでした。
やっぱり鍋はみんなで食べると美味しいなぁ。


そして、今日。

ランチに、母と一緒に地元のフレンチ
「COMO」へ。
ドーム型のかわいいお店。

Image0571.jpg


窓辺には、かわいらしいお花が飾られて
どこかフランスの田舎町に迷い込んだよう。

Image0521.jpg


近くの畑でとれた白ごぼうのポタージュから始まり

Image0531.jpg


白インゲン豆と鶏肉のペンネ

Image0541.jpg


真鯛のポワレ

Image0551.jpg


そしてデザートの盛り合わせ

Image0561.jpg


BGMにはクラシックが流れて何だか時間がゆったり流れてる。
あ~。しあわせだなぁ。。。

美味しいものをいただくのも
心の栄養の一つ。

ものすごく対照的だったけど
美味しいものを食べてるときって会話も弾む。

さぁ、今度はどんな料理に出会うかなぁ。。。


☆ちゃんこの写真はすっかり忘れてしまいました。。。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/14(月)   CATEGORY: ダンス
光のダンス
昨日、ダンカンダンスのワークショップに参加してきました。

裸足のダンサー イサドラ・ダンカンのことは
以前からず~っと気になっていましたが
自伝を本で読んだ程度で、なかなか実際の踊りに触れる機会は
今までありませんでした。

が、なにげなくインターネットで検索しているうちに
ダンカンダンス3代目のメアリー佐野先生が
日本にいらっしゃっていて
ワークショップをされている事を知ったのです。
それも、昨日は最終日。

慌ててお電話をして、一日だけの参加でもよいのかをお尋ねしたら
「どうぞ。」とOKサイン。
導かれるように ダンカンダンスへ一歩 歩み寄りました。

大地にしっかり根を張り
大地とつながる事から始まります。

そして、風を感じ 雲を感じ 水を感じ
太陽を感じる。

余計な力を抜いて
自然と結びついたとき
身体には パワーがみなぎります。

ポジションを追うのではなく
自然の流れに身を任せることで
うまれる身体の動き

初めて出会ったダンスなのに
なぜか懐かしい。。。。

不思議な感覚でした。
素敵な出会いに心がまたまた喜んでいるみたい。

ダンカンダンス。
もう少し学んでみたいと思います。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/10(木)   CATEGORY: 未分類
新しい命
ここのところ、人との出会いが続いている卑弥呼ですが
昨日は、高校時代から何かといろんな縁でつながっている
大切な友人と久しぶりに再会しました。

卑弥呼がエンジェルになって踊った結婚式から一年。
彼女のお腹には新しい命が宿っておりました。
臨月の妊婦さんのお腹は、もうパンパンではち切れんばかり。
お腹の赤ちゃんは、早くお外の世界を見たくって
まちきれないみたい。

自分がお母さんになるなんて
まだ信じられないよぉ。。。

と話していたけれど
彼女の顔はもう既にお母さんになっていました。
だって、命がお腹に宿ったときから
ずっと一緒だったんだものね。
まだ見ぬ我が子に思いを寄せる
彼女の瞳はキラキラしていました。

今年は、私の周りに妊婦さんがいっぱい。
新しい命が次々と生まれる。

この世に生み出される新しい命が
安心してキラキラ輝き続けられる地球。

みんなで手をつないで
創っていかなくちゃいけないなぁと
思う卑弥呼でした。




写真:バラジャスミンティー。
    小さなバラの蕾が浮かんで浮かんでました。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/08(火)   CATEGORY: 未分類
心が温まる日
日に日に、お外は寒くなっているけれど
今日は、なんだか心が温まる出来事がいっぱいの日でした。

朝、ふとお庭に目をやったら
ブルブル震えそうな寒さの中で
けなげに花を咲かせたローズちゃんとご対面。
その横には、蕾も発見!!

Image0291.jpg


わ~。

こんなに寒いのに、がんばって咲いたんだぁ。
よくがんばったねぇ。

ありがとう。

そして、
午後からは、卑弥呼ママとママのお友達二人と一緒に
近くの陶芸家の方のお宅へ。

お家の形のキャンドル立てを見せていただきました。

とんがり帽子のようなお家。
煙突のついているお家。
水玉模様のお家。。。。

それぞれが表情を持っていて
卑弥呼に語りかけてくる。

いろいろあって、迷ったけれど
最初に手にしたお家を購入しました。

本物のろうそくを入れてもいいんだけれど
七変化に色の変わる電気のキャンドルを
いただいたので、早速点灯。

Image0401.jpg


ライトの灯りともに心もぽっ。
窓辺で、あたたかい光を灯してくれています。
手作りのものってやっぱりあたたかいなぁ。

今日も素敵な一日に感謝
CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/05(土)   CATEGORY:
元気もりもり
昨日、印旛沼のウナギを食べに行ってきました。
卑弥呼のお家からちょっと脚を伸ばして
成田に向かう途中に
印旛沼という大きな沼があるんですが
その一体は養殖ウナギが有名らしいんです。
お店のHPによると。。。

>当店では、隣接する印旛漁協のハウス池9面にて、
 寒風の利根川をのぼるシラス鰻を採集し、育てております。
 清水と水車により急流をつくり天然物に近い鰻を生産し、
 美味しく召し上がっていただけます。ぜひ、ご賞味ください!!

だそうで。
さっそく、噂のウナギちゃんとご対面。

そ~っとふたを開けると。。。
わ~!!

Image0241.jpg



つやつや のウナギちゃん登場。
そしてそして、そ~っとお口に運ぶと。。。

ぷりぷりっ。

あ~、しあわせ

お店の入り口でいい香りを醸し出しながら
焼かれていた鮎の炭火焼も
卑弥呼のことを呼んでいる。。。

Image0251.jpg


は~い。もちろん
こちらも、いただいちゃいました。
お腹に卵も入ってましたよ。

Image0231.jpg


新年会明けだというのに
まぁ、よく入るな~。私の胃袋。

お外は、雲一つない真っ青のお空。
お腹も心も満たされて
しあわせいっぱいの卑弥呼でありました。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/01/03(木)   CATEGORY: 未分類
背中の翼を感じて
あけましておめでとうございます。
みなさんはどんな年越しを迎えましたか?

卑弥呼は、アルバイト時代のお友達のお家で
鍋を囲みながらの年越しをしました。
ずっとずっと気になっていた
Wiiにもやっと出会えた~!!
ゴルフとかボーリングとかいろいろやりました。
でも、思っていた以上に難しい。。。
もっと上手になりたいなぁ。

久々の再会+新しい仲間も出来て
まったり、のんびり楽しんでいるうちに
あっという間に、時間は過ぎて
2008年に向けてのカウントダウン。


Happy new year!!!!



年が明けてから、近くの神社へ初詣へ。
冷えきった空気のお陰で
お空には、満天のお星様がきらきら

獅子に頭をぱくっと噛んでもらい
みんながしあわせになりますよ~に。。。
と手を合わせる。

お参りがすむと
杯に入ったお酒からはじまって
甘酒、升酒と
次から次へと
お酒が手渡される。

最後の升酒には隅にちょこっとお塩をのせて
いただいた。
うわ~、これがまた美味しいのねぇ。
しあわせ

楽しい時間は、あっという間で
一睡もせずに、1月1日の朝を迎えました。
高台が見つからなくって
初日の出を拝む事は出来なかったけれど
雲一つない、晴れ渡った青空が
2008年をお出迎え。

あ~。とうとう始まったのね。
新しい年。

何だか背中がむずむずする。
あ。もしかして。。。

卑弥呼の翼が羽を広げようとしているのかな。
しばらくお休みしていた翼。
今年は、どのくらい広げる事が出来るかな。

あ。心がどんどん動いている。

2008年も、卑弥呼の事をどうぞよろしくお願い致します。

605298_3733169960s.jpg
CO*0 ] page top
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。