卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/02/29(金)   CATEGORY: 未分類
人種のるつぼ
アメリカって言うのは、人種のるつぼとよく言いますが
本当にその通りだなぁって最近つくづく思います。

今日、Citi Collegeという無料で受けられる英会話スクールの
テストを受けに行ってきたのですが、
会場に来ている人は、インド人、中国人、韓国人、
イタリア人、ブラジル人などなど。。。
本当に国も年齢も様々。

家でテレビをつければ、日本語放送意外にも
スペイン語、中国語、イタリア語、ロシア語などなど
いろんな国のニュースやテレビ番組を見る事が出来てしまいます。
2、3日前は、どこかで聞いた事があるBGMだなぁと思っていたら
母がよくはまっていた韓国ドラマの「プラハの恋人」が
中国語で放送されていました。

わざわざお金を払わなくても
いろんな言葉を自然に耳に入れる事が出来るなんて
贅沢だなぁ。

明日から、ちょっぴり早起きして
8:00から10:00の英会話スクールが始まります。
せっかくの機会。
まずは英語からだけれど、
いろいろな言葉を覚えられたらいいなぁ。

コミュニケーションをする上で大切な言葉。
もう一度、しっかり学んでみようと思います。

ちょっぴり学生に戻った気分。
なんかいいなぁ。この感じ。
わくわく。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/28(木)   CATEGORY: 未分類
気がつけば。。。
最近ふと気がついた事。

私のまわりにいつのまにか
ピンクのモノたちが増えている。。。

BODY SHOPで見つけた桜のボディーローションに、
桃のバスロマン。
ボディーシャンプーもピンクだぁ。
おまけに、今日キャンドルが買いたくなって
思わず手に取ったのも薔薇のキャンドル。

私の好きな色は、ターコイズブルーとか、紫。
そして、ちょっと前は赤が増えてきていたけれど
ピンクっていうのは
私と一番縁がなかった色だったんだけどなぁ。

何が起きたんだろう。。。
我ながらびっくり。

少しは女性らしさが芽生えたのかな。
私って男っぽいところが多すぎたものねぇ。

これを機に、少し女性らしさを身につけようかと思います。

あ、そうそう話は変わりますが。。。
先日、こちらに来て初めてマッサージに行ってきました。

日本にいるときから肩こりがひどくって
マッサージに行かなきゃって思っていたんだけれど
バタバタして行きそびれてて。。。

成田空港で、マッサージが出来る事を知って
出発前にやってもらおう!!と張り切って
お店に行ったら、予約でいっぱいで
飛行機の飛び立つ時間に間に合わず。。。

ジャパンタウンにあると聞いて、
仕事が終わってから足を運んでみたら
既にCLOSE。。。。
なかなか縁がなかったマッサージ。

先日、ふと
今、ステイしているマンションの目の前に
マッサージの看板を発見。
すぐに飛び込んでしまいました。

お店の人は中国人だったけれど
30分$40で、とりあえずお試ししてみる事に。

いや~ぁ、これが本当に最高でした。
もう、身体がとろけてしまいそう。。。
肩だけでなく、首や頭や手のひら、足の裏。。。
ほとんどすべての箇所をまんべんなくやってくれました。

あっという間の30分。
本当に気持ちよかったぁ。。。

肩のこりはかなりひどいらしく
お姉さんもびっくりでした。

マンションの目の前で、夜も遅くまでオープンしているとか。
これはいいもの発見しちゃいました。

がんばって働いて、
また癒されに行こっと。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/25(月)   CATEGORY: ダンス
嵐のあとには。。。
昨日は久しぶりの休日。

の~んびり寝ようと思っていたのに
目が覚めて、時計を見たらAM6:30。
あれれ。。。なんだか早起きが習慣になっちゃったみたい。

でも、せっかくのお休みだし、もう少し寝よう
と試みてみるものの お目目はパチクリ。
もぅだめね。ま、いっか。
とりあえず起きてみました。
お外は、ものすご~い雨と風。
横殴りの雨がごぅごぅいいながら降り続けています。

そんな中、久しぶりに
メールをチェックしたり、ミクシィをやったり
お洗濯したり、お風呂入ったり、ブランチ食べたり。。。
なんだかんだとやりながら午前中を過ごしました。

午後からは、今お世話になっているMさん夫妻が主催している
ショパン財団のコンサートに出かけました。
雨はやんでいたけれど、まだ風は残っていて
吹き飛ばされそうになりながらバス停へ。
初めて行く教会だったので、少し余裕を見てお家を出たら
バスが意外と順調に来て、思ったより早めに到着。

開場を待って、中に入ると。。。
受付でMさんがとっても忙しそうに
プログラムの準備に追われている。
予想以上にお客様が集まってプログラムが追いついていなかったみたい。
すぐに、コートを抜いて急遽お手伝いする事に。
事務所でコピーしていただいたプログラムを受付に運んで
時には、入り口に立ってお客様にプログラムを渡したり。。。

日本で、毎年やっていた自分たちのコンサート運営の経験も
無駄にはならないものだなぁ。。。
少しはお役に立てたみたいでよかったぁ。

コンサートの方は、ステンドグラスの素敵な教会で
この頃には、ようやく嵐も去ったのか
太陽の光が外からさし始めて、
ステンドグラスがきれいに輝いていました。

最初は、11歳の男の子と女の子の演奏からスタートして
ショパンざんまいの演奏が次々に披露される。
なかなか面白い企画。

ほんとはすべて見て行きたかったけれど
Mさんのご主人の演奏まで聞いてから
途中で抜けさせてもらい、
今度は、フラダンスのレッスンへ。

こちらもまた新しい場所で、
バスに乗ってとりあえずお家の近くまで戻って
地下鉄で移動しようとしたのだけれど
なぜだか、電車が動いていない。。。
ドアの近くに乗っていた人に事情を尋ねると
前の電車で病人が出て処置をしているらしく
しばらく動かないらしい。。。
そこで、又地上に出てバスを使う事に。

いろいろな人に尋ね歩いて
ようやくスタジオに到着。
でも、時間は既に30分くらい遅れてしまった。。。
はぁ。

でも、しょうがない。
すぐに着替えて仲間に入れてもらいました。

アロハ~!!

と初めての私をみんな快く仲間に入れてくれました。
このクラスは、もう少し上級のクラス。
まだ、2回目の私にとってはついていくのに必死だけれど
見よう見まねでなんとかくっついていきましたよ~。

帰りに生徒さんから
ハワイのお土産のハニー味のマカデミアナッツをいただき
バス停までは、又別の生徒さんの車で送っていただき
無事、家にたどり着きました。

行きはものすごく遠く感じたお教室。
実は、家の近くから出ているバス停から一本でした。
地下鉄に乗り換えずにあのまま同じバスに乗っていたら
きっと間に合ったのかもね。
まぁ、何でも経験。
失敗しながら一つ一つ学ぶもの。

昨日の嵐も去って、今日は空には青空が見えてきたみたい。
今日は、どんな一日になるかなぁ。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/25(月)   CATEGORY: 未分類
人生って面白いっ!!
本当なら、今日は日本に帰る日。
サンフランシスコに足止めになってしまい
一体どうなってしまうんだろうと思ってスタートした
サンフランシスコ生活だったけれど
この2週間を振り返ると、本当にいろいろな事がありました。

ダンカンダンスのレッスンを受け、音楽やバレエを鑑賞し、
そしてそして、この短い期間でアルバイトも見つかって。。。
少しずつだけれど、私の歩む道に光が見えてきたかなぁ。

日本も、砂嵐がすごいらしいですが、
こちらも今朝から、雨と風が吹き荒れています。
まるで、私のここでの2週間のよう。
きっとこの嵐が、いらないモノをすべて吹き飛ばしてくれるのかな。
嵐の後は、お日様が表れるものね。

さて、私のアルバイトは、木曜日からスタートしました。
場所は、私のお気に入りのジャパンタウンの中にある
アクセサリー屋さんです。
SHINJIでの経験が少しは役立っているようで
何でも、無駄な事はないんだなぁと実感しています。

ジャパンタウンってなんだか昔の下町の商店街のような感じで
みんなが長年のお友達。
次から次へおばさまたちがやってきて
おしゃべりして行ったり、差し入れを持ってきてくださったり。
なんだかとってもあたたかいところです。

初日には、社長が歓迎会を兼ねて
ご近所のお店のスタッフさんたちと一緒に
近くの焼き肉屋さんに連れて行ってくださいました。
韓国本場の焼き肉でお肉ははさみでちょきちょき。
キムチやチヂミや魚介類もおいしかったぁ。

まだ3日だけれど、皆さんにかわいがっていただき
とてもありがたいです。
気を引き締めて、しっかりがんばろうっと。

そして金曜日は、バイトを少し早くあがらせてもらい
ダンカンダンスのレッスンを受けて
レッスンのあとは、パーティーがありました。
生徒さんだけでなく、メアリー先生のお友達もいろいろと集まって
持ち寄りの食べ物や飲み物でパーティーのスタート。

卑弥呼は、先週お家で練習した
「中華ちまき」を持って行きましたよ。
パーティー用に一口サイズに作って
お好みでのりを巻いてもらえるようにこちらも小さく切って持参。
前日、歓迎会が終わって帰ってきてから作り出したので
夜中までかかって、半分眠りながらつくったちまき。
みんなに気に入ってもらえるかなぁ。。。と心配していたら
数分で、あっという間になくなってしまいました。
あ~よかったぁ。

いろんな人たちが集まって、みんなに自己紹介。
そしたら、なんとなんとNYのベストフレンドの
ハーレムに住むアーティストのご夫妻をよく知る
お友達に出会ってしまったんです。
もう、二人でびっくり!!

それから、舞踏に興味にある人もいっぱいいて
私がワークショップを受けた大野慶人さんや、笠井叡さんや
山田せつこさんの話で盛り上がったり。。。
なんだか、すべてつながっていてびっくり。

お腹もだいぶいっぱいになり、一息ついてから
昨年の9月に行った ダンカンダンスのパフォーマンスのビデオを
見せていただきました。

今習ってい作品もあったので、
卑弥呼はスクリーンに釘づけ。
すっかり引き込まれてしまいました。

ダンカンダンスの基本の作品だけでなく
メアリー先生のオリジナルの作品もあって
なんと、その作品にはレインスティックも登場するんです。
バックミュージックには、太鼓や篠笛、尺八など。
卑弥呼が、今まで作り出してきた世界と重なってびっくり。
まだ、ダンカンダンスもメアリー先生も
知らなかった時に、同じ世界観を求めている人たちがいて
そして、今 こうして出会わせていただけたなんて。。。
あまりに不思議な運命に思わず心がふるえ
涙が溢れ出してしまいました。

鬱になり、パートナーを失い、
生きる目的を失っていた卑弥呼に
ヒロコさんが、声をかけてくださった
「心の宅急便」が
舞台に立つことを思い出させてくれ、
そして、
ダンカンダンスが
踊ることの楽しさを思い出せてくれました。

人生って本当に不思議だなぁ。
すべて導かれている。

「心の宅急便」の中でも毎回伝えてきたけれど

自分の事を好きになって、
あきらめないで、勇気を出して
新しい一歩を踏み出したら
人生は、いつからでもまたスタートできる。

これから先、どんな道が待っているのかわからないけれど
今、この時間を大切に
毎日を過ごして行こうと思います。

卑弥呼を支えてくれる
すべての人に感謝の気持ちをいつも忘れずに。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/22(金)   CATEGORY: ダンス
満月の夜は
今日は、月食と重なる満月。
ミラクルが起こりそうなすばらしい夜に
卑弥呼は舞い続けてました。

いつものダンカンダンスのクラスの前に
生まれて初めて古代フラのレッスンに挑戦。
腰に巻く布は、先生からお借りする予定だったのですが
先生がいくつか持ってきてくださった布の中から
引き寄せられるようにして手に取っていたのが
亀の模様の着いた水色の布。
ハワイでは亀は、守り神なんですって。
布を選ぶときは、インスピレーションが大切と
先生に言われていたので、
ビビっと直感で引き寄せられたその布を購入しちゃいました。

巻き方もいろいろあるそうですが、
自分でいろいろ工夫して、自分流の巻き方を生む出すんだそうです。
とりあえず、今日は両側をむすんで、織り込んで行く巻き方で
レッスンを受けました。

フラってず~っと腰を動かし続けるので、
これは、ウエストにかなり効きます。
きゅっと引き締まったウエストになるといいな。

頭の位置はそのままで、腰を動かすのはなかなか難しい。
でも、踊っているうちに またまた海を感じました。
そうだ。フラも海の近くで生まれたダンスですものね。
手の動きは、波を表しています。
また波に導かれてしまったわ~。
目の前に、白~い砂浜が広がって、
すっかり気分は海辺のビーチ。
あ~ぁ、気持ちいい。。。

1時間のレッスンはあっという間。
あわてて、ダンカンダンス用のチュニックに着替えて
続けてダンカンダンスのレッスンへ。
今日で、こちらに来てから4回目のレッスン。
だいぶ、流れがわかるようになってきました。
でも、まだまだ力が入ってしまう。
バレエが身体に残っているので
ついついポジションを追ってしまう癖が
なかなかぬけないものです。
「自然になる。」「力を抜く」
ということの難しさに毎回直面しています。

二クラス続けてというのは、久々の事で
結構へとへとになったけれど、
でも、やっぱり踊るって楽しいなぁ。
心も身体もリフレッシュ。

レッスンからの帰り道。
ふと、空を見上げたらまんまるの満月が
卑弥呼にむかってにっこりと微笑みかけてくれました。
月食は見逃してしまったけれど。。。
踊りを通して、たくさんのエネルギーをもらった一日でした。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/20(水)   CATEGORY: ダンス
アイ ラブ 「ジゼル」
今日は、こちらに来て初めての雨模様。
サンフランシスコに来てちょうど1週間
雨乞い屋の卑弥呼としては珍しく
こちらでは、毎日お天気が迎えてくれました。

なかなか忙しい1週間だったけれど
とっても充実していたように思います。

まぁ、相変わらずずっこけてばかりだけれど
少しずつサンフランシスコの生活にも慣れてきました。

さて、今日は楽しみにしていた「ジゼル」を見に行ってきました。
私にとって「ジゼル」は思い出深い作品。
12歳のとき、通っていたバレエ教室の発表会で初めて出会ってから、
大学の卒論で取り上げたり、NYで初めて迎えたお誕生日に見に行ったり、
人生の区切り目に、なぜか必ず出会う作品。
今回も、サンフランシスコでの生活のスタートという一つの区切り目。
またまた、「ジゼル」に導かれました。

今までいろんな「ジゼル」を見てきたけれど、
サンフランシスコバレエ団の「ジゼル」は初めて。
お国柄もあるのかもしれないけれど、
とっても自由でパワフルな踊り方が印象的。
コールドや、ソリストたちは「そろえる」という事には
気を使わないみたいで結構バラバラなのですが
動きはダイナミックで、なかなか新鮮でした。

お客さんもまた、自然体で
1幕のジゼルとアルブレヒトが花占いをするシーンで
笑いがわきあがったり、
貴族が登場するシーンで
本物の猟犬が2匹舞台に登場したときにも
またまた歓声。
思わず卑弥呼も声を出してしまいました。

1幕のジゼルが死んでしまうシーンは
何度見ても涙が溢れ出してしまう卑弥呼。
村娘役で舞台に上がっていたときも
練習のときから毎回、涙があふれていたっけ。
今日は、いつもに増して感情が入り込んでしまって
もう、涙が止まらない。。。
休憩時間、ぐしょぐしょの顔を直すのに一苦労でした。

第2幕。
ジゼル役のMaria Kochetkovaは、
1幕よりさらにパワーアップしていて
舞台の上の彼女は、
人間ではなく本当にウィリーの妖精でした。
すばらしかったぁ。。。

1幕ではバラバラだったコールドも
アラベスクをキープしながら舞台の端から端を
横切るシーンなどは圧巻。
90度以上にあげた足をキープしたまま
進むっていうのは、本当にきついんです。
実際に経験しているので、
もう、すぐに拍手を送ってしまいました。

あっという間の2時間の舞台。
大満足で家路に着きました。

やっぱり「ジゼル」はいいですねぇ。
もう一回見に行っちゃおうかなぁ。。。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/19(火)   CATEGORY: ダンス
波を感じて
今日は、こちらでお世話になっているMさんのお宅に行き
ランチを一緒に食べました。
メニューは、卑弥呼のお土産のあじの干物と、お味噌汁と、チャーハンと
昨日卑弥呼が作った大根の煮物。
やっぱり日本食はいいなぁ。ほっとするものね。
マーケットで買ったミニサイズの大根で作ったのでどんな味に仕上がるのか
ちょっと心配していたけれど、まあまあの出来で
Mさんからも合格点をいただきましたっ。

デザートに、いちごの新しい食べ方を教えてもらいました。
まず、サワークリームをたっぷりつけて、その先にブラウンシュガーを
つけていただくんです。甘さと酸っぱさが程よく溶け合って
なかなか美味しかったです。
あ、そうそう
以前お話ししていた「心」という名の梅干しもようやく食べましたよ。
ひとつひとつ丁寧に包装されていて、心がいっぱい詰まった梅。
梅干しというより、お茶菓子のような甘さが印象的でした。

Mさんのおうちに行くのは、16年ぶり。
サンフランシスコバレエ団の付属学校のオーディションを
受けに行ったときに、しばらく泊まらせていただいたお宅。
懐かしなぁ。。。
初めてハミングバードを見たお庭や、お昼寝したソファー。
母と二人で泊まらせていただいた地下のピアノのレッスン室。
16年経っていても、あのときの事は覚えているものですね。
次々と記憶の糸がつながってとっても懐かしい時間を過ごしました。

お外を眺めると、大きな窓から一面に広がる海が。
こちらに来てはじめて、海に出会えた~。
海を見ていると、時間が経つのを忘れてしまいます。
昔よく行ったシチリアの景色ともどこか重なって。。。
何だか不思議な気分でしばし眺めていました。

食後に、久しぶりに、ピアノにも触らせてもらいました。
こちらに来て、全然触っていなかったので指がちょっと
固くなっていたけれど、気がついたら
目の前に広がる海のイメージの曲を弾いていました。

一度我が家まで送ってもらってから
一休みして、今度はダンカンダンスのレッスンへ。
いつもよりちょっと早めに着いたと思ったら。。。
あれれ。もうレッスンが始まっている!!
私ったら、うっかり時間を勘違いしてたみたい。
30分くらい遅れての参加になってしまいました。。。

ダンカンダンスのレッスンの中で
手を鳥のように動かすエクササイズがあります。
この動きは、波を感じるんだそうです。

海のそばで生まれ育ったイサドラ。
彼女が初めて動きやダンスについてひらめいたのは、
波のリズムからだったと言います。

波の動きから、身体を通して踊りや音が生まれる。
このサンフランシスコの街で、
もっともっと海を感じてみよう。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/18(月)   CATEGORY:
お買い物 & お料理
火曜日と日曜日は、近くのシビックセンター前の広場で
Heart of the City Farmer's Marketが開かれます。

火曜日に一度足を運んだんですが、夕方に行ったので
店じまいを始めているお店もあって、
あまりゆっくり見れなかったので
今日は、8:00くらいから出かけてきました。

早めに行った甲斐があって、今日はたくさんお店が出ていました。
白菜、キャベツ、大根、人参、じゃがいも、玉ねぎ、ローズマリー
はちみつ、アーモンドなどなどいろいろ買っちゃいました。
これだけ買っても$10くらい。安いっ!!

一度お家に戻って、お昼を食べて、一息ついてから
ジャパンタウンへお買い物。
実は、来週ダンカンダンスのお教室で、持ち寄りのパーティーがあるので
卑弥呼ママ直伝の「中華ちまき」に挑戦しようと思っている卑弥呼。
その材料を探しに行ってきました。
餅米、みりん、お酒、醤油、豚バラ、たけのこ、干し椎茸。
わ~い。みんなそろった~!!

お家に帰って、ちょっと一休み。
と思ったらなんとなんと3時間近くお昼寝しちゃったぁ。。。
目が覚めたら、お外は薄暗くなってる。

慌てて起きて、早速「中華ちまき」を作ってみようと材料を取り出すと
あ。コンソメ買うのを忘れてた!!
近くのRITE AIDというドラッグストアーにあるかなぁ。
とことこ出かけて行くと
24時間営業だと思っていたのに、
ちょうど卑弥呼が到着したらお店が閉まってしまいました。
あらら。。。

しょうがないので、昨日見つけた
SAFE WAYというスーパーマーケットへ。
でも、歩いて行くにはちょっと外が暗くなってきていたので
ミュニメトロの地上版を使ってみる事にしました。
始めて乗る地上版。なんかとってもクラシックな車両で趣があるなぁ。
3駅くらいでスーパーに到着。
目的のコンソメを購入して、他にも少しお買い物をして
お家に帰りました。

夕食後、早速「中華ちまき」作りに挑戦。
炊飯ジャーがないのでお鍋で餅米を炊いて
具材は細かく切って油で炒めておきます。
醤油、みりん、お酒で少し濃いめに味付けをして
餅米が蒸し上がったら具材を混ぜて出来上がり。
サランラップに三角型に包んで冷蔵庫へ。

明日、お世話になっているMさんのお家で一緒に
ランチをするので、味見をしてもらおうっと。

なんか、お昼寝したせいか、元気が余っていて
もう一品何か作りたくなっちゃったぁ。
あ。そうだ。マーケットで買った大根を
ツナと一緒に煮てみよう。
ぐつぐつぐつぐつ。
大根とツナの煮物のできあがり。

お料理はあまり得意でない卑弥呼ですが
やっぱり手作りっていいもんですね。
せっかくの一人暮らし。
いろいろと挑戦してみようっと。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/17(日)   CATEGORY:
のんびりDay
今日は、こちらに来て初めてお家でゆっくりと一日を過ごしました。

ゆっくり起きて、朝食をとって、お掃除や洗濯をして、
お風呂にゆっくりつかって、お昼を食べて、お昼寝をして。。。

いや~ぁ、本当にの~んびりDayでした。

でも、一日中お家の中にいるのもなんなので
夕方から、お散歩がてらスーパーにお買い物に行ってきました。
今日の夕飯は何にしよっかな~。

あ。パスタが安くなってる。
お家にツナがあったから
久しぶりにツナのトマトソースでも作ろう。

パスタとにんにくとトマト缶と、
パルメザンチーズとサラダをお買い上げ。

海の風を感じながらのお散歩はとっても気持ちいい。
お空には、カモメちゃんたちが気持ち良さそうに空を飛んでいる。
空を見上げながらゆっくりと深呼吸。

初めての一人旅が、いつの間にか
初めての一人暮らしになってしまったみたい。
でも、なんだかとっても楽しいな。

NYにいた頃によく見ていた
オペラや、バレエや、音楽が
短編で次々に見る事の出来る
32チャンネルのClassic Arts showcase をBGMに流し、
ツナトマトパスタとサラダを食べ、
飛行機で飲みきれなかった白ワインを飲んで。。。
なかなか贅沢なディナーになりました。

目の前には、サンフランシスコの見事な夜景。

あ~ぁ、とってもしあわせだなぁ。

土曜の夜は日本の番組も見れるんだとか。
すいーとほーむ、篤姫、脳内エステIQサプリ
と目白押し。

卑弥呼の、のんびりDayはまだまだ続きます。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/16(土)   CATEGORY: 未分類
薔薇のように
サンフランシスコに来て今日で3日目。
なかなか充実した毎日を送っています。

今日は、なんとなんと!!
思いがけずこちらでのアルバイトが決まってしまいました。
場所は、私のお気に入りのジャパンタウン。
来週からスタートです。

この旅は、一体どこへ進んで行くのだろう。。。
最初に空港に着いたときは、
これから先、一体どうなってしまうんだろう
と先が全く見えなかったのだけれど
なんだか、次々と導かれるように
道が現れてくるので、不思議でしょうがありません。

もう、余計な事は考えず
与えられた道をしっかり歩いて行こうっと。

さてさて、今日はなんともおいしい
うな丼を発見しました。
NYにいた頃は、成田空港で真空パックのうなぎを
必ず買って持ち帰っていたんですが
今回は、まさかこんなに長くなるとは思わず
すっかり忘れてしまった卑弥呼。
だから、最近お気に入りの、ユニオンスクエアにある
デパートのお惣菜屋さんでうな丼に出会ってしまい
嬉しくなっちゃいました。

身もふっくらしていて
油もたっぷり。
スーパーで買ったうなぎとは思えないおいしさ。

お寿司や、お弁当なんかもいろいろありましたよ。
サンフランシスコは、食べ物には困らなそうだわ。

ユニオンスクエアの道ばたでは、
かわいいピンクの薔薇も見つけました。
あまりにかわいらしくって
帰りに一輪買ってきました。

まだまだつぼみの薔薇。
サンフランシスコに着いたばかりの
今の私みたい。
この薔薇と一緒にこれから少しずつ
花を広げていけたらいいなぁ。

どんなお花を開かせられるか
楽しみ楽しみ
CO*2 ] page top
DATE: 2008/02/15(金)   CATEGORY: 未分類
Haapy Valentine's Day!!

日本の皆さんにとっては 一日おくれになってしまいますが。。。

Happy Valentine's Day

この言葉を今日一日で何回聞いたかしら?
テレビの中のコメンテーターから始まって
お店の店員さんも、道であった人にも
あちらこちらで、この言葉が飛び交っていた一日。

日本では、女性が男性にチョコレートや贈り物をあげるというのが
バレンタインデーになっているけれど
こちらは、男性女性関係なく、お友達同士で
プレゼントを送る日になっているみたい。

みんながニコニコして愛がいっぱい。
なんかいいなぁ。

今日は、もう一度 
気になっていたジャパンタウンに出かけてきました。
昨日は気づかなかったけれど
なんと日本のスーパーを発見。
お店に入ると、まぁびっくり。
何でもそろってるんです。

日本の食材、日用品、化粧品、お薬などなど。
ユンケルもありました。

早速、お米とインスタントのお味噌汁と
のりを買ってきました。
わ~い。これで、あの美味しそうな梅干しを使って
おにぎりとお味噌汁が食べれる!!

お米は、本当は我が家の近くの
道の駅で売っている「ミルキークイーン」という
冷めてもおいしいお米をお土産に持ってくるはずだったんだけれど
空港のチェックインのときに、
見事にぴったり5キロオーバーで
「ミルキークイーン」はスーツケースから出されてしまいました。

まぁ、あのミルキークイーンには叶わないだろうけれど
「こしひかり」をゲットできましたよ。

帰りに、ダンカンダンスのスタジオへ。
今日はレッスンはなかったのですが
私ったら、大事なダンスノートをスタジオに忘れてきてしまって。。。
今回は、このダンスノートには、滞在に必要な情報がすべて
まとめてあるので、このファイルがないと大変!!
そこで、先生にお電話をして
取りに行かせていただく事に。。。
ほんと、ドジだな~私。。。

でも、忘れ物を取りに行ったお陰で
先生と二人っきりでいっぱいお話をする事が出来ました。
私がダンカンダンスに出会うまでの、
長い長い道のりをお話すると、
あなたは、きっとこのダンスに出会う為に今までがあったのね。
と先生。

私が歩んできた道は、間違っていなかったんだ。
そう、思えた瞬間 なんか心が軽くなりました。
そして、ますますこのダンカンダンスが気になってしょうがありません。

ゆっくりとお話をさせていただいたあと、
一度お家に帰って、夕食をすませ
夜は、シンフォニーホールで
ロシア国立交響楽団のシューベルトと
ロンドンからのピアニスト Stephen Houghの
ブラームスのピアノコンチェルトを聞きに行きました。

最近、サロンコンサートや、小ホールでのソロコンサート
を聞きに行く機会が多くて、オーケストラは久しぶり。
やっぱり、迫力が違いますね。
生の音色がハートにびしびし響き渡りました。

また、Stephenのピアノの弾く指は
まるで鍵盤の上をダンスをしているようで
音楽を聴きながら、思わずこちらまで身体が動いていました。

シンフォニーホールから滞在しているマンションまでは徒歩5分。
この近さは夢のよう。日本では考えられないなぁ。。。

神様、今日も素敵な一日をありがとうございます。
明日はどんな日になるのかなぁ。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/14(木)   CATEGORY: 未分類
サンフランシスコ日記
サンフランシスコに無事、到着しました!!

パソコンが開通するのに少し時間がかかりましたが
ようやく接続できたので
これから、少しずつこちらの様子をお知らせしますね。

なぜだか、出発する日だけ成田は雨模様。
またもやレインスティックの仕業?

あの、雨は私の身に嵐を持ってきました。
実は。。。
はじめは二週間の予定だったサンフランシスコ滞在が
ビザの関係で、延長しなくてはならなくなりました。
いつまでになるのか。。。。
終わりがわからない旅になりました。

最初はちょっとびっくりでしたけれど、
これもきっと神様の与えてくださった時間。
これからの卑弥呼の人生を考える上で
大切な時間なのかもしれません。
一日一日を大切に過ごそうと心に決めました。

雨模様での出発でしたが
サンフランシスコは真っ青なお空が広がって
春を感じるぽかぽか陽気。
このすか~っと広がる青空を眺めていたら
一気に元気になってしまいます。
サンフランシスコは、卑弥呼をあたたかく迎えてくれました。

卑弥呼が滞在させていただくマンションは
なんと、オペラハウスや、シンフォニーホール、
シビックセンターなどサンフランシスコの重要建築が
集中するセンター街。
オペラハウスの近くとは聞いていたけれど
こんなに目の前だとは。。。

街の中には、
地下鉄、バス、ケーブルカーなどが通っていて
1weekパスをとりあえず購入した卑弥呼は
街の中の交通機関を使い放題。
これはとっても便利!!

今日はジャパンタウンに行ってきました。
日本がそこにありましたよ。
NYに住んでいたときは
イーストビレッジあたりが日本のお店がやや集まっていたけれど
街とはなっていなかったんですよね。
サンフランシスコのジャパンタウンは
すべてそこに日本のモノが集まったショッピングモールという感じ。
紀伊国屋を筆頭に、パン屋のアンデルセンや
居酒屋さん、和食屋さん、お香屋さん、着物屋さん、
焼き物屋さん、お茶屋さん、洋服屋さん、電気屋さん
などなど。。。
プリクラを撮るところまでありました。
今日は、さ~っと流してみただけだったので
今度また、ゆっくりと行ってこようと思います。

帰りに、シビックセンターの前で
ファーマーズマーケットを発見。
朝からやっていたようで
卑弥呼がそこを訪れたのは夕方。
もう、そろそろ店じまいをする時間で
商品もかなり少なくなっていたけれど
くるみとドライフルーツの盛り合わせを購入しちゃいました。

そして、一度お家に戻り
一休みしてから
念願のダンカンダンスのワークショップに行ってきました。
これまた、偶然にもお教室は
ステイ先の駅のお隣のお隣。
なんとも便利な環境に嬉しくなってしまいました。

日本を出発する前に
とっても素敵な花模様の生地をみつけたので
お隣のおばさんに、ダンカンダンスのレッスン用の
チュニックを作っていただいていました。
その、お気に入りのチュニックを身につけての初レッスン。

イサドラ・ダンカンの生まれたサンフランシスコの街で
受けるレッスンは、またまた格別。
海の空気を感じ、青空を感じ、空を飛ぶカモメたちを感じ
身も心もふわ~っとかるくなって
なんだか、とってもしあわせ。

もっともっと知りたくなってしまう
ダンカンダンス。
ますます虜になってしまいそうです。

スタートからハプニングで始まった
サンフランシスコの旅。
これから一体何が待っているのか
まったく先が見えないけれど。。。
不安より楽しみの方がいっぱいです。

卑弥呼のサンフランシスコ日記。
どうぞお楽しみに。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/11(月)   CATEGORY: 未分類
一人旅 in サンフランシスコ
昨日は、ヒロコさん宅で
「心の宅急便」の新年会&今後の打ち合わせがありました。

ヒロコさん&ヒロコさんのお嬢さんお手製の
お料理をお腹いっぱいいただいて
お腹も心もしあわせいっぱい。

ごちそうさまでした!!

この「心の宅急便」で一番お世話になっている
校長先生も途中から参加してくださいました。
お土産にこれ又素敵な「心」という
和歌山の梅干しをいただいちゃいました。

その箱を開けると、中にこんな言葉が。

「多逢聖因 縁尋機妙(たほうしょういん えんじんきみょう)」

「いい人に交わっていると、しらずしらずにいい結果に恵まれる」

という意味だそうです。

うんうん。とまたうなずいてしまいました。
本当にその通りだなぁって思います。

明日から、卑弥呼はサンフランシスコへ旅立ちます。
初めての一人旅。
わくわく。どきどき。

どんな旅になるのかなぁ。。。
どんな人と交わうのかな。。。

パソコンがちゃんとつながったら、
サンフランシスコからの旅日記を皆さんにも
お送りしますね。

それでは、行ってまいりま~す!!
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/09(土)   CATEGORY:
銀座の遊び方
ご報告が遅くなりましたが
今月から、以前お手伝いしていた
シルバーアクセサリーのお店「「SHINJI」
のバイトを再開しました。

以前、ピン子さんと共に
思わずテレビに映ってしまったあのお店です。

12日からは、サンフランシスコに行ってしまう為
3月から、本格的にカムバックしま~す。
銀座にお越しの折は、ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。

というわけで。。。
久しぶりに銀座に行くようになった訳ですが。。。
銀座の街。なんだか変身しております。
有楽町駅前の変身ぶりにはかなりびっくり!!

今日は、お仕事帰りに高校時代の友人と
銀座デートをしてきました。
はじめは、二人でディナーの予定だったのですが
思いがけず、昨日の夜
高校時代に、卑弥呼がお世話になっていた
生徒会の顧問の先生から電話があり
急遽 先生も仲間入り。

イトシア4階にある
「トラットリア コルティブォーノ」という
イタリアンを味わいつつ、
久々の再会に、すっかり盛り上がりました。

その後、先生とはお別れをし
まだ、時間が早かったので
友達と二人で もう一件、はしご。
「砂漠の薔薇」という何ともすごいネーミングの
不思議なお店へ。。。

お食事は、済んでいたので
バーで、カクテルを堪能。
しばらくすると、照明が華やかになって
何が始まるのかしら。。。
と思っていたら、なんとポールダンスのショーが
スタートしちゃいました。
それも、私たちの座っていた席の目の前で。
初めて見るダンスにしばし釘付け。
ポールを上手に使いながら
アクロバティックな力強さと
女性らしい妖艶さで舞うダンスは
なかなか新鮮でした。

銀座って不思議な街だなぁ。。。

これから銀座に通う事が多くなるので
この不思議な街を
少しずつ堪能して行きたいなぁと思います。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/06(水)   CATEGORY: 未分類
世界に一つだけの靴
今日は、靴職人になった友達のアトリエ
Hosoiri Worksに出かけてきました。
マイミクのグリコの結婚式で久々に再会し
一度、作品を見せてもらいたいなぁと思いつつ
そのままになっていたのだけれど
お友達に赤ちゃんが生まれたので、
プレゼント用のベビーシューズをオーダーする事に。

まず、デザインを決めて
それにあわせて、色や皮の素材を決めていく。
自分の思い描いた物を形にしてもらえるって
楽しいなぁ。。。
世界に一つだけの靴。

2、3週間で出来上がるらしいので
ちょうど、サンフランシスコから戻る頃には
出来上がっているかなぁ。。。
どんな形で待っていてくれるのか
楽しみっ!!

お仕事の依頼の話が済んでからは
懐かしい話に花が咲き。。。
あっという間に時間が過ぎました。

みんな、いろんな道に進んでがんばっている様子を聞いて
またまた、刺激をもらってきました。

お外は、一日中雪模様だったけれど
心は今日もほっくほく。
なんか、毎日が楽しいな。
そんな風に思えるようになったなんて夢みたい。

神様、今日も素敵な時間をありがとう。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/05(火)   CATEGORY: 未分類
つながり
来週から2週間ほどサンフランシスコへ行ってきます。
サンフランシスコには、
私の母の親友がご夫妻で住んでいらっしゃるので
今回は、そちらにお世話になる予定。

それにしても久しぶりだな~。

サンフランシスコに初めて行ったのは14歳の頃。
私にとっての 「初海外」& 「初飛行機」でした。
あの頃は、バレエに夢中で、生活はバレエ一色だった私。
そんな私に、今回お世話になるおばさんが
本当にバレエが好きなら、
こっちのバレエ団のオーディションを受けてみたら?
と、ピアニストのご主人のお友達の
バレエ団の指揮者の方に声をかけてくださり
時期外れのオーディションを受けさせていただいたのです。

結果は。。。

不合格でした。

バレエ団に入る前に付属のスクールに入って
バレエ団に入る為のレッスンを続けるのだけれど
14歳という年齢は、そのスクールに入るには遅すぎたんですって。

帰り道。
母と一緒に目をまっ赤にして泣いたっけ。ふふ。懐かしい。

結局、あれから日本に戻って
15歳のとき、お教室の10周年記念公演で
受験勉強もそっちのけで、
朝から晩までバレエ漬けの毎日を送った私。
公演が終わってから、腰の痛みがひどくって
病院に行ったら、生まれつきの背骨の異常が発見されて。。。
お医者様からドクターストップ。

あの時は、とっても悲しい思いを経験したけれど
今、思えば すべて導かれていたんだなぁ。。。

そして、今回。
最初は、おばさんたちとの久々の再会が目的だったのだけれど
準備を進めて行くうちに
1月に出会った「ダンカンダンス」のメアリー先生のお教室が
サンフランシスコにある事がわかり
ちょうど先生も2月は、
サンフランシスコにいらっしゃるとの事。
思いがけず、レッスンが受けられる。

おまけに、オーディションを受けさせていただいた
懐かしのサンフランシスコバレエ団は
私が滞在中に「ジゼル」を公演している。
「ジゼル」は大学の卒論でも取り上げたくらい
私にとって一番大好きな演目。

あ~ぁ。なんか不思議だな。。。
すべてがつながっている。

いい事も悪い事も、すべてに意味があるんですね。

今回のサンフランシスコの旅。
卑弥呼にとっては
「初めてのお使い」ならぬ「初めての一人旅」なのです。

どんな出会いが待っているのだろう。。。
なんだか、とっても楽しみだわ。

あと1週間。体調管理に気をつけつつ
心と身体の準備をしなくっちゃ。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/03(日)   CATEGORY: 舞台
みちくさ
今日は、朝からものすごい雪でしたね~。
そんな中、卑弥呼ははるばる座間へ
「麦っ子畑保育園」の30周年記念のイベントに行ってきました。

今日は、演奏やパフォーマンスとは関係なく
お客さんとして、朗読と演奏を拝見しに出かけた訳ですが、
なぜか、雪。。。
「心の多急便」でお世話になっているヒロコ・ムトーさんが
出演されていたので、関係者の方にお会いするたびに
「卑弥呼さん、今日もまた雪呼びましたねぇ。。。」と
すっかり雪乞い屋卑弥呼が、定着しつつあるみたい。
私の相棒 レインスティックは
お家でお留守番していたはずなのに。。。

ですが、あの大雪にもかかわらず
ハーモニーホール座間の大ホールは、
麦っ子保育園の卒業生や、
現役のかわいい子供たちで大にぎわい。
ロビーには、いろんなお店が並んで
お祭りみたい。

イベントの方は、
第1部に車いすの女優さん 萩生田千津子さんの朗読。
第2部が、ポルトガルギターとマンドリンのユニット「マリオネット」さんのライブ。
そして最後の第3部。
萩生田さんとマリオネットさんのコラボに寄る
ヒロコ・ムトーさんの作品「LOVE CAT」の上演と
盛りだくさんの内容でした。

「愛」をテーマに進められた このイベント。
なんだか、卑弥呼の心の扉が開ききってしまって
涙腺が緩みっぱなしでした。
会場の中にはあたたか~い空気が漂っていました。

一番最後に「麦っ子保育園」の生徒さんが舞台に勢揃いして
歌を歌ってくれたのですが、
みんなで元気に歌ってくれたテーマソング
「みちくさ」という曲が、心に響くとっても素敵な曲でした。
みなさんにも歌詞をご紹介しますね。

「みちくさ」 作詞・作曲 新沢としひこ

1 まわりばかり気にしていると 自分のことが見えなくなるよ
  他人の服はきれいに見える 自信を持っているように見える
  あせらない あせらない 
  君の歩く道は 石ころだらけでステキじゃないか
  あせらない あせらない
  水たまりに写った空が あんなにきれいじゃないか

2 自分一人で生きられるほど 力もないし 勇気もない
  人に合わせて生きてゆくほど 素直じゃないし 器用じゃないし
  あせらない あせらない
  君の歩く道が 人にはみちくさに見えたとしても
  あせらない あせらない
  風にゆれる花が 君の来るのを待ってたんだよ


どうです?
すてきでしょ。
なんか、うんうん。ってうなづいてしまいませんか。

雪の中、はるばる2時間近くかけて出かけた
素敵なご褒美になりました。

ほっくり気分を皆さんにもお裾分けしちゃいます
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/02(土)   CATEGORY: 音楽
二つの表現
先日、卑弥呼はレコーディングに挑戦しました。
「心の宅急便」をこれからもっと多くの方に知っていただく為に
プロモーション用のDVDを作る事になり
その映像のBGMを卑弥呼が担当する事に。
朗読用に新しく作った曲と、童謡を数曲を
ピアノで演奏し、
そのあとに、レインスティックだけを何パターンが録音。

マイクを通し、ヘッドホンから聞こえてくる音。
生で聞いている音と全く違うんです。
よく、自分の声をテープレコーダーで録音すると
まるで別の人の声のように聞こえるのと同じように
音も変わるんですね。
生のときには気がつかなかった
ピアノの鍵盤を踏むときに生まれる音もまた新鮮。
レインスティックの音色も新たな発見がいっぱい。

一つ一つが面白くって
なんだかあっという間に時間が過ぎてしまいました。

そして、昨日。
久しぶりにギターの野村さんのライブへ。
昨日は、竹嶋さんのベースとのデュオライブ。
私のパートナーのレインスティックと
大学時代の友人と一緒にでかけました。

そしたら、思いがけずライブの最後に
飛び込みで、即興のセッションに
お仲間に入れていただける事に。

久しぶりの即興は、何だかとっても気持ちよかったです。
自分以外の人が発してくれる音が久しぶりで
自然に身体が動きだし、パートナーのレインスティックも
喜んでおりました。
突然でしたのに、お仲間に入れていただきありがとうございました!!
昨日は、本当にその場で生み出される生の音と音との
絡み合いがおもしろかった。。。

先週、いっぺんに味わった
レコーディングと生のライブ。
音を紡ぎだすには、二つの表現方法があります。
それぞれから生まれでる世界は、全く違う世界だけれど
どちらも興味深い。

あ~ぁ、何だか面白い事がたくさんだ~。
しあわせだなぁ。。。私。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/02/01(金)   CATEGORY: 未分類
私、一人じゃない。
電話を「フレッツひかり」に変えました。
今日、無事に工事が終了したのですが
変更する前だったせいか、
インターネットの調子がいまいちで。。。
日記の更新が、遅くなってごめんなさい。

雨模様の一日だった29日。
雨と言えば。。。
そうです。
卑弥呼はレインスティックを演奏していました。
「心の宅急便」の番外編。
中学校ではなくって、「横浜市旭区役所」で
学校の先生やPTAの方たちに向けての講演会でした。

会場に入ると。。。
「講師:卑弥呼先生」なんて書かれていてびっくり。

いつもの学校とはまた勝手が違いましたが
パフォーマンスをさせていただく場所の脇に
パーテーションを使って、小さなスペースを作ってくださり
鏡やテーブルやいすが置かれて
卑弥呼の部屋の完成!!
区役所の方達の温かいお心にまた、心がぽっとなりました。

この日は、いつものように、朗読との講演をして
すべてが終わってから、
なぜ私たちが「心の宅急便」をやっているのかを
スタッフ一人一人がお話する事に。

この、「心の宅急便」のお話をいただいたとき
私は、出口の見えない真っ暗闇のトンネルを
彷徨っている最中でした。
そんな私に、出口への光を与えてくれたのが
この「心の宅急便」でした。

この企画がスタートした頃、
私の身体は、心について行くのに必死で
そんな状態で、本当にちゃんと続けられるのだろうか
と不安でいっぱいでした。
でも毎回、講演を終えるごとに、
心がぽわっとあたたかくなって
固く閉ざしてしまっていた心の扉が少しずつ少しずつ
開いて行くのを感じています。

一人だったらきっと勇気を出せなかった最初の一歩
みんなが支えてくれて、ようやく踏み出せました。
私は、一人じゃないんだ。

たくさんの方々に、見守っていただけている
卑弥呼は、本当に幸せ者です。
ありがとう!!!

今度は、皆さんにその恩返しをしていきたい。
そう思っています。

こんな卑弥呼ですが、
どうぞこれからもよろしくお願いします
CO*0 ] page top
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。