卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/07/31(木)   CATEGORY: 未分類
世界は狭すぎっ。。。
今日は、お仕事お休みなので
夕方のダンスレッスンまで家でのんびりデーです。
いろいろとたまっていたことを整理しています。

その中で、前のお家からこちらに引っ越してくる前に
登録してしまったインターネットのラインを
キャンセルするのを忘れてて
日本に帰っていた間に請求が来てしまっていたので
WEBで電話番号をチェックして
キャンセルコールに挑戦。

まだまだぎこちない英語での会話で
無事、キャンセルできるのかドキドキ。。。

女性:あなたのラストネームは?

私:IDEです。

女性:あなたの出身の街は?

私:松戸です。

女性:私は東京に以前住んでいました。そして、常盤平にも一年。

常盤平って。。。あ、あの実家から車で10分ほどのところ。
いつしか、地元話になってしまい。。。
日本に住んでいる彼女のお姉さんや、姪っ子ちゃんのなんかの話まで。
ディズニーランドに行ったこととか。。。

まさか、キャンセルコールで
世間話に転換してしまうとは。。。
いや~ぁ、びっくりびっくり。

なんだかせっかく楽しくお話しできたのに
「キャンセル」って言うのは申し訳ないけれど。。。
でもねぇ。節約しないとねぇ。
今は、ルームメイトみんなで共有できるラインがあるので
二つもいらないし。。。

楽しい話をしつつも、来月からはもう請求は致しません。
としっかり用件も無事すんで、一つ解決。
私のたどたどしい英語につきあってくださってありがとう。

それにしても。。。
世界って本当に狭いですねっ。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/29(火)   CATEGORY: 未分類
川の流れのように
お仕事先のジャパンセンターの中には
あふれんばかりの七夕のお願いごとが
あちらこちらに飾られています。

SBSH0245_convert_20080729141345.jpg


アメリカらしい色とりどりの紙の上に
本当に様々なお願いごとがびっしり。

「宝くじに当たりますよ~に。」

「世界一のケーキ職人になれますよ~に。」

「家族が健康で過ごせますよ~に。」

などなど。みんなの素直な気持ちがたくさん書き記されていて
ほのぼのした気分になりました。
七夕は過ぎてしまったけれど、
みんなの願いが天の川に届いているといいなぁ。。。

そんな思いで、仕事に入り
休憩時間に眺めていた新聞の記事の中に面白い記事を発見。

川つながりで。。。。
「ライバル」という言葉の語源について。

なんと、「ライバル」という言葉は、
川の意味を持つ「リバー」から来ているんですって。
「同じ川の流れを使う人」という意味があるらしい。。。

川の流れが細ければ、
お互いに足を引っ張り合う関係になり

川の流れが豊かなら、
その恵みを分かち合い、切磋琢磨するいい
ライバルの関係が生まれるとか。

ふんふん。なるほど。
これは、面白い。
どんな世界でも、何かを極めようとすると
かならず「ライバル」という存在が生まれてしまいます。
でも、これもとても大切なこと。

「ライバル」って確かに同じ川を流れているんですよね。
大きく広がる大海原に向かっていろんな流れにそって
流れ出している。早くなってみたり遅くなってみたり。。。
私は、もし「ライバル」と出会ったら、
後者のように、豊かな川の恵みを分かち合っていきたいなぁ。

なんだか、今日は「川」に導かれた一日でした。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/26(土)   CATEGORY:
これぞ、本場のエンターテイメント!!
今日も、午前中から午後にかけてはお家のんびり過ごし、
夕方からおでかけ。

またまた別のお友達がお誕生日をお祝いしてくれるということで
まずは、待ち合わせ場所のユニオンスクエアへ。

SBSH0228_convert_20080726184825.jpg

SBSH0223_convert_20080726185050.jpg

この場所、学校から仕事先に行くときに使うバス停の目の前で
毎日のように通っていたのに
肝心の、パーク内には一度も入ったことがなかった。。。
思い起こせば、
日本に帰る前の3ヶ月間は、怒濤のように過ぎ去って
こんなにのんびりした日は、なかったものねぇ。

待ち合わせ時間より早く着いたので、パーク内で開催されていた
アートフェスティバルをぶらぶらと鑑賞。
ちょっと惹かれる作品があったので、
作家さんとしばしおしゃべりをしました。
2、3日前に出来たばかりと言うオリエンタルをイメージした
新作の前で記念撮影。

SBSH0225_convert_20080726185421.jpg


楽しいひとときを過ごしているうちに、
お友達がやってきたので、
レストランに移動。
今日のレストランは、ただのレストランではありません。
Teatro Zinzanni といって
なんとサーカスを見ながらディナーを食べれる場所。

生の音楽に合わせて、歌あり、ダンスあり、アクロバットありの
盛りだくさんのショーを見つつ、
そのストーリーに合わせて、
ウエイターさんたちも踊りながら、お料理が運ばれてくるんです。
これぞ本当のエンターテイメント!!

お客様も、しっかり舞台上にあげられてパフォーマンスするんですが
これまた、シャイな我々日本人とは違って、アメリカのお客様は
素人とは思えない芸っぷりを披露してくれちゃうので
会場中が盛り上がります。

バースデーということで、ティアラとふわふわマフラーまで
つけてもらい、気分はすっかりプリンセス。
本当に素敵な夜になりました。

SBSH0238_convert_20080726185627.jpg


今年のバースデーは、いろんな方にお祝いしてもらって
しあわせだなぁ。。。
しっかりと去年の分を取り戻しちゃいました。

帰り道。
ライトアップされたベイブリッジのふもとに
大きな半月を発見。
いや~ぁ、きれいなお月様。
お月様にまでお祝いしてもらっちゃった。
ありがとう。。。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/25(金)   CATEGORY: 未分類
街の中のオアシス
お仕事が、来週から始まるので
今週は(といっても数日間ですが)リラックスウィークです。

という訳で、今朝はのんびりと9時頃に起床。
それから、荷物の整理やお部屋のお掃除をして
ゆっくりと午前中をお家で過ごし
午後からダウンタウンへ。

まずは、地下鉄、バスの共通券である
muni(ミュニ)カードを購入する為、市庁舎へ。
今のお家に引っ越してくるまでお世話になっていた
マンションが、市庁舎のすぐ近くだったので
なんだか懐かしいなぁ。。。

おや? だけど、何だか雰囲気がちょっと違うぞ。。。
あ。市庁舎前の広場にガーデンが出来上がってる。

SBSH0185_convert_20080725143732.jpg

気になって、足は自然とガーデンの中へ。
slow foodという看板らしきものを目にしたので
何かの企画なのかもしれません。
まるで、街の中にあるオアシス。何だか不思議な光景。

お花のガーデンかと思いしや、
よく見るとお野菜たちもきれいに植えられてる。

SBSH0186_convert_20080725144535.jpg

真っ青なお空の下に広がる、グリーンのお野菜たち。
とっても生き生きしてるっ。
太陽を浴び、風に揺られて 気持ちよさそ~。

SBSH0187_convert_20080725144810.jpg


昼下がりのひととき。何だか素敵な光景に癒されちゃいました。

お目当てのミュにカードをゲットしてから
そのまま、ジャパンタウンへ。

仕事場を初め、お世話になっている方達に帰国のご挨拶。
昨日の大家さんや、ルームメイトたちもそうだったけれど
卑弥呼のことを、みんな、あたたかく迎えてくれました。
帰るところがあるって嬉しいもんだなぁ。

お土産を配っていたはずなのに、逆に卑弥呼の方が
頂き物だけれど。。。といってケーキをいただいたり
夜ご飯に食べなさいっておにぎりをいただいたり。。。
みんなあたたかい方たちばかり。
卑弥呼はなんてしあわせ者なのだろう。。。

街の中のオアシスとともに、
心の中にもたくさんのオアシスをもらった一日でした。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/24(木)   CATEGORY: 未分類
太陽と海の街へ
みなさ~ん、本日無事にサンフランシスコに戻ってきました。
飛行機は、お隣さんが席を移動してくれたので
2席を1人で占領できてラッキ~!!
のびのびと帰ってきました。

真っ青なお空と海が、卑弥呼をお出迎え。
やっぱり、この太陽と海の街、サンフランシスコは
なんだか卑弥呼をほっとさせてくれます。

さわやかなそよ風も吹き、本当にいいお天気。
蒸し暑かった日本から到着した卑弥呼には
少し肌寒く感じるほどでしたが、
こちらの人たちからすると、
これでもあたたかい方だとか。

税関を通り抜けるまでは、
前回の悪夢がよみがえってどきどきでしたが
今回は、「Welcome home!!」と笑顔で迎えていただき
ほっとひといき。

今日は一日の~んびりして、
夕方、お友達に我が家から徒歩5分のペルー料理屋さん
でお誕生日をお祝いしてもらいました。

初めて食べるペルー料理。どんなものか興味津々。

自家製サングリアとともにペルー風お刺身からスタート。
ペルー独特のスパイスがなかなかおいしい。
ペルー刺身2


次に、シナモン味のくるみが入ったグリーンサラダを食べて
バナナのような味のするプランテインのソテーを
ヨーグルトソースにつけていただく。

それから、ムール貝、あさり、いかなどなど魚介類が盛りだくさんの
ペルー風パエリアでお腹もいっぱいに。

食後のデザートは、バニラアイスクリームで。

あ~ぁ、満足満足。
レインスティックのふるさと
ペルーのご飯に出会えてうれしいなぁ。
それも、お家から歩いていける距離にあるなんて
知らなかったぁ。。。

さぁ、また新しい生活にリセットです。
日本でいただいたパワーを大切に
また、前進していきま~す。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/22(火)   CATEGORY: 映画
ポ~ニョポ~ニョポニョ♪
日本のラストデーは、「崖の上のポニョ」を観に行ってきました。

ポニョ2


最初は、サンフランシスコの宮崎監督ファンの友だちに
教えてもらい、久々に宮崎アニメもいいかなぁ。
ぐらいの気持ちだったんですが。。。

毎日CMで流れ出したポニョソングが耳に残って
卑弥呼ママと口ずさむようになり
いつしか、かなり気になってしょうがない映画になって。。。

今日は、卑弥呼パパもお仕事がお休みだったので
夏休みで、子供連れのファミリーにまぎれて
夫婦割引&会員割引を利用してとうとう行ってしまいました。
大の大人3人でのポニョ鑑賞。
何とも複雑な気分ではありましたが
でもそんなの関係な~い!!

見終わったときにはすっかりポニョワールドに引き込まれてました。
内容はとってもシンプルながら心に響くシーンあり。
歳のせいか、涙腺の緩くなった卑弥呼は
思わずぽろりとさせられるシーンも。。。

崖の上にある宗介君のお家の灯りは
海の男たちに勇気をあげる。
真っ暗な海の世界で道に迷った時
その光を見つけたらがんばれるんだよ。
という宗介くんママの一言。
なんだかぐぐっと卑弥呼の心に響きました。

そして、サンフランシスコの海が
ちょっぴり恋しくなりました。
卑弥呼に勇気を与えてくれた海。

今度は、その恩返しをみんなにしたい。
崖の上のお家の光のように
いっぱいいっぱい輝いて
世界中のみんなが勇気を持てるように。

また、がんばろ~っと。

あっという間の二ヶ月間でしたが
本当に充実した時間でした。
たくさんの人たちと出会い、語らい、
いっぱいいっぱいパワーを充電させてもらいました。
このエネルギーを持って
また、サンフランシスコでも頑張ります。

日本の皆さん、本当にいろいろとお世話になりました。
そして、サンフランシスコの皆さん、
もうすぐ帰りますので、またよろしくお願いします
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/21(月)   CATEGORY: 未分類
卑弥呼の分身たち!?
今日は、我が家に卑弥呼の分身が二つもやってきました。

一つ目。

卑弥呼人形2

ご近所に住む人形作家さんが作ってくれた卑弥呼人形。
見て見て~っ!!
ちゃ~んとミニチュアレインスティックも持っているんです。
サンフランシスコへ一緒に連れてって~。
と手作りで作ってくれた何とも嬉しい贈りもの。
あまりの緻密さにもう大感激。
もちろん、サンフランシスコの卑弥呼のお部屋に飾ります。

そして二つ目。

千夏ちゃんと2

親戚のお家で再従姉妹(はとこ)の子供たちと
初めてのご対面。
もうすぐ3歳になるちーちゃんが
卑弥呼のお顔を一生懸命描いてくれました。
まんまるお目目がとっても素敵。
ありがと~。

出発を明後日に控えつつ
なんだか最後までバタバタしておりますが。。。

この分身たちとともに
サンフランシスコへ旅立つ準備をしなくては。
う~ぅ、時間がもっと欲しいよぉ。。。
残されたラストデーを大切に過ごそうと思います。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/21(月)   CATEGORY: 未分類
夏はやっぱり・・・
花火ですよね~。

昨日は、親友のお宅にお邪魔して、
屋上から、横浜の花火を満喫しました。
港の見える丘公園からすぐ近くでなんとも贅沢なナイススポット。

サンフランシスコでも、
7月4日の独立記念日の花火は見事らしいけど、
今年は日本だったのでチャンスを逃してしまって
ちょっぴりがっかりだったのですが…
思いがけず帰国前に嬉しいお誘いをいただき
とっても嬉しかったぁ。
ありがとう。

花火の後は、屋内に入ってデザートタイム。
お酒も入って気分も盛り上がった所で、
音楽好きなパパさんのフルートの音色に合わせて
即興コラボしちゃいました。

親友の妹ちゃん夫妻が、
モロッコ旅行で見つけて来たという
ラクダの皮で出来た太鼓にも初挑戦。
コツをつかむまでがなかなか大変だけど、
太鼓を叩いていると自然と身体も動いてきちゃうから不思議。
音楽とダンスはやっぱり繋がってるんですね~。
その点については、
パパさんのサックスの先生と熱く語っちゃいました。

楽しい一時は、ホントにあっという間だけど、
夏の風物詩からいっぱいパワーをもらった夜でした。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/20(日)   CATEGORY: 映画
しあわせってなんだっけ?
今日は、高校時代のクラスメイト&彼のガールフレンド
と一緒に銀座でランチをしました。
場所は、歌舞伎座近くのオーガニックカレー屋さんCali Cari
隠れ家風なお店だけどかなり込み合っていてなかなかの人気っぷり。
卑弥呼は大好きなカボチャに惹かれて
本日のカレー「三種の野菜カレー」を注文。
セットについてくる日替わりラッシーはブルーベリー味。
辛いカレーとラッシーの組み合わせは最高。
この組み合わせを考えついたインド人はすごいなぁ。。。

帰りがけ、卑弥呼がしばしお手伝いさせていただいていた
彼のご両親のお店SHINJIに立ち寄り、しばしおしゃべりタ~イム。

その中で、お店に飾られていて気になっていたポスターの話に。
なんと、
7/19からスタートする映画「たみおのしあわせ」に
SHINJIが登場するとか。

内容は、オダギリジョーと麻生久美子演ずる幸せになりたいカップルの
「お見合い」から「結婚」までのウエディング狂想曲。
チラシと一緒に、かわいらしいブックレットがあって
1冊もらってきたんだけれど、そこには
偉人が残した面白い名言集が。
その中で気に入った名言を少しずつご紹介。。。

<結婚ってなに?>
 
 急いで結婚する必要はない。
 結婚は果物とちがって
 いくら遅くっても季節はずれになることはない。
 
                レフ・トルストイ

 結婚ー
  いかなる羅針盤もかつて航路を発見した事ない荒海。
 
                ハインリッヒ・ハイネ

<人生ってなに?>

  馬で行くことも、車で行くことも
  二人で行くことも、三人で行くこともできる。
  だが、最後の一歩は自分一人で歩かなければならない。
      
               ヘルマン・ヘッセ

  われわれは現在だけを耐え忍べばよい。
  過去にも未来にも苦しむ必要はない。
  過去はもう存在しないし、未来はまだ存在していないのだから。

               アラン

<しあわせってなに?>

  喜んで行い、
  行ったことを喜べる人は幸福である。 

               ゲーテ

  幸福というものは
  一人では決して味わえないものです。
 
               アレクセイ・アルブーゾフ


ふんふん。とうなずきたくなる名言ばかり。
さすが、偉人が残した名言たちは重みがあるなぁ。。。

もしご興味のある方はぜひ。
詳細はこちら↓
www.tamiono.jp


久々に再会したSHINJI先生ファミリー。
み~んなとってもあたたかい。

直井ファミリー2

短い間だったけれど、そのあたたかい空間で働かせていただけたこと
卑弥呼にとって、とっても大切な宝物です。

何だか今日もまた、いい時間をいただきました。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/18(金)   CATEGORY: 未分類
大切な仲間☆
卑弥呼の日本滞在も1週間をきり、
仲間との再会も、ラストスパートをむかえています。

そんな中、今日は二つのグループの集まりに出かけてきました。

1つ目は、高校時代の仲間との再会。
マイミクのグリコとグリコの赤ちゃん
そして妊婦の友達でランチへ。

生徒会メンバー

独り者は、何気なく使っている階段やエスカレーターが
ベビーカー持参のママさんと妊婦さんにとって
どんなに大変なのか今日初めて知りました。
子供を持って初めて知る世界。
大変なことも多いと思うけど
その分だけみんな何倍もたくましくなっていて
いっぱいパワーをもらいました。
グリコの赤ちゃんは、ほんとによく笑います。
ニコニコ笑顔に、思わずこちらもニコッ。
笑顔ってみんなが幸せになりますね。
赤ちゃんから学んだこと。やっぱり笑顔が一番!!

かなりゆっくりと時間を過ごし
夕方からは、2つ目の集まりへ移動。
こちらは、バイト仲間との再会。
短期バイトで一緒だった仲間たちで
今もみんなそれぞれ忙しいのに卑弥呼の送別会を企画してくれて。。。
嬉しかったですぅ!!
やっぱり一つの事を一緒にやった仲間って
その過ごした時間の長さなんて関係ないんですね。
お酒も入って、いろんなお話も出来て
絆がさらに深まった気がします。
卑弥呼がパフォーマンスする際には、応援に来てくれるとか。
又再会できたら嬉しいなぁ。

仲間ってありがたい。
これからもきっとまた新しい仲間が増えていくと思うけれど
人生の中での出会いのひとつひとつを
もっともっと大切にしていきたいなぁと思います。

みんな~っ!!
こんな卑弥呼をいつも支えてくれてありがとう。
すべての仲間に。。。
感謝!!!
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/16(水)   CATEGORY:
ミソイチバースデー☆
本日、晴れてミソイチになりました。

ミソイチバースデーは、
まだちょっぴり風邪ぎみ卑弥呼ママと
地元の「四季亭」という懐石料理のお店で、
親子水入らずでランチをしました。
四季亭


青葉が美しいお庭を眺めながらの~んびり。
今回の日本滞在は、いろんな人たちからお誘いを受けて、
外に出てばかりだったので、
親子水入らずの時間はなんだか久しぶり。
これも、神様からの贈り物かな?

卑弥呼は、夏限定そば懐石を注文。
メニューの内容は。。。

まず、前菜の盛り合わせ
オードブル


そして、お刺身
刺身


冷たい茶碗蒸し
茶碗蒸し


器が素敵な、なすの揚げ物
揚げ物


酢の物&うな玉
酢の物 焼き物


打ち立ての 石臼そば
石臼そば


そして、デザートはマンゴームース。
デザート


いや~ぁ、よく食べました!!
でも、どれも芸術作品。
やっぱり日本食の文化ってすばらしい。

お食事が終わってから、
卑弥呼ママお気に入りの砥部焼のお店「今日花」へ。
以前からず~っと行きたかったけど
なかなかチャンスに恵まれなかったお店。
今日がその日だったのね。
お店の奥さんもとってもあたたかい方で、
砥部焼の器に、コーヒーや健康茶なんかをサービスで出してくださり
私たちより一足早くいらっしゃっていたお客さんと共に歓談タイム。
そして記念に一枚。
今日花オーナーと

店内の至る所に砥部焼の器たち。
どれもこれも、いろんな表情があって見てて飽きないお店です。

店内から覗く竹林もすてきっ。
今日花 竹


別世界に迷い込んだかのようなゆったりした時間。
素敵なバースデーランチになりました。

おまけに、お店に入った瞬間、
卑弥呼を虜にしてしまったステンドグラスの素敵なランプも
プレゼントに買ってもらっちゃった~。
わ~い、ありがとう。

ランプ


全く身動きが出来なかった、昨年のバースデーが嘘みたい。
人生って山あり谷ありです。
だからこそ面白いんですね。

今年はスタートからいろんな事に遭遇して
なかなか波瀾な一年になりそうですが。。。
卑弥呼らしいミソイチを過ごそうと思います。
こんな卑弥呼ですが、よろしくお願いします。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/14(月)   CATEGORY:
隠れ家パーティー
昨日は、素敵な仲間たちが一足早いバースデーパーティーを企画してくれて、
神田の隠れ居酒屋「玄気」さんで楽しい夜を過ごしました。

メンバー4人


「玄気」さんは、以前の日記でも紹介した「茶釜」の姉妹店。
壁一面の珍しいお酒たち

お酒の棚


骨董品屋さんに迷い込んだような古民家風の店内では
そう、こんな赤鬼さんが出迎えてくれたり。。。

赤鬼



そしてなによりも
オーガニック野菜を使ったオーナーお手製の手作り料理たち。。。
もう、すべて卑弥呼の心をくすぐるモノばかり。

スッポン風の亀「タクロー」も
何だかいい味出していて、すっかりお友達に。

タクロー


ぱっちりお目目とちょこんと上を向いたお鼻がかわいいんです。
私もこんな風に生きたいなぁと思うような
タクロー流の時間の流れ方は、学ぶこと多し。

おいしいお酒とお料理を囲みながら、いろんな話に花が咲き。。。
まるで我が家にいるようにくつろぎモードでのんびりと流れる時間。
なんてしあわせなんだろう。。。

コースの最後に、オーナー手作りのブラウニーで
バースデーケーキをサービスしてくださいました!!

バースデーケーキ

「玄気」さん、かなり気に入ってしまいました。
日本に戻ってきた折には、また必ず行きま~す。

オーナーと



素敵なバースデーパーティーをありがとう。
今日は、三十路のラストDAY。
昨日いただいた空気とともに大切に過ごすことにします。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/13(日)   CATEGORY: ダンス
魂の踊りとは。。。
昨日は、私のダンカンダンスの師匠
メアリー先生のパフォーマンスを見に行ってきました。

いや~ぁ、すばらしかった!!
最初から最後まで涙が止まりませんでした。
先生のダンスは、魂のダンス。
卑弥呼の心にびしびしその魂が伝わってくる。
大地としっかりコネクトされた先生の身体は
ものすごいエネルギーに満ちあふれていて
ハートに訴えかけてきます。

以前の日記にも書いていたショパンのプレリュードにあわせての
「禅」も踊られました。

この踊りには、こんなメッセージが込められています。

  自分はひとりぼっちだと思い寂しい思いを抱いている。
  でもふと気づく。
  大地には、たくさんの緑があふれ
  空を見上げれば、満天の星。
  私は、ひとりじゃない。
  そして、今度はこの愛を、貴方へ。

数年前、私は鬱になり、さらにパートナーとの別れを経験し
行き先を見失っていました。
舞台に立つこともあきらめようとも何度も考えました。
でも、そんなとき 作家のヒロコ・ムトーさんから
「心の宅急便」というすばらしい企画に誘っていただき
いろんな学校を回るうちに、
子供たちのあたたかいメッセージと
ヒロコさんの講演の中に出てくる
「あなたがいい」「今を一生懸命に生きなさい」
というメッセージに励まされ
止まりかけていた歩みを、また一歩前へ前進する力をいただきました。

そして、思いがけずダンカンダンスとの出会いがあり。。。
ダンカンダンスが、さらに私に生きる勇気と
新たな人生の光を教えてくれました。

先生のダンスを見ながら、
いろんな思いが結晶となり、涙となってあふれだしました。

そして、さらに昨日は不思議な出来事が。
会場はそれほど大きな場所ではなかったので
集まったお客さんは、20人ほど。
先生の舞台が終わってからもみんな、その場に残り
ワインを飲みながら、歓談の時間が設けられたのです。

その時、我が家のお隣に住むお姉ちゃんと
前回のダンカンのワークショップで出会い
お友達になったと言う子が、私の元にやってきてくれました。
そして、色々おしゃべりしているうちに
実は、私が学生時代にお世話になっていたミュージカルスクールの
同期生だった事が判明。

さらに、舞台となった会場のオーナーさんのお知り合いで
見に来てくださったという
コンテンポラリーの先生に出会い
またまた、おしゃべりをしているうちに
な、なんと私が卒業した大学の1期生、つまり先輩だった事が判明。

なんだかいろんな出会いの糸が交錯して
本当に不思議な夜となりました。
あの、スコールのような大雨が
こんな素敵な出会いを運んできてくれたのかしら。。。

お酒が入った後は、各自いろんな楽器を手に輪になって
その円の中で、次から次へと様々な踊りが展開。
ダンスをした事ある人も、初めての人も
全く関係のない世界。
人間の原点に戻って、本能のままに身体を動かす。
みんなとっても楽しそう。
キラキラと輝いていました。
これこそが、本当の踊り。魂の踊り。

私には、今たくさんの仲間がいます。
ひとりぼっちじゃない。
だからこそ、
これからは、この愛を踊りを通して
みんなに贈りたい。
そう、強く願った卑弥呼であります。
あぁ、人生ってやっぱり面白いなぁ。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/11(金)   CATEGORY: ダンス
祈りの舞
おかげさまで、卑弥呼、卑弥呼ママ、おばあちゃん
3人とも熱がようやく下がりました。
ご心配おかけしてごめんなさい。

今週は、家でおとなしく過ごしていましたが
身体は、ダンスがしたくってうずうず。。。
どうしようか悩みましたが、思い切ってダンカンダンスの
ワークショップに行ってきました。

会場は秋葉原。ちょっぴり早く着いてしまったので
以前から気になっていた、
秋葉原通り魔事件の現場へ足を運んでみる事に。
気がつけば、あの事件から昨日で1ヶ月が経ったんですね。
お坊さんがたくさん集まってお経を唱えていました。

秋葉原


街は、何事もなかったかのように普通の姿を取り戻しているけれど
あの現場には、お花や飲み物がたくさん供えられていて
あの日の惨劇がよみがえってきます。
この場所で、罪のないたくさんの命が絶えてしまったかと思うと
何だか胸にあついものが込み上げてきて
私もお坊さんの隅で、しばらく手を合わせてきました。

通りすがりの通行人も
何人も足を止めて祈っていました。

外国人の人も、数人来ていて
「ここが、あの殺人事件の場所ですか?」
と尋ねられました。
外国にもニュースが流れているんですね。
本当に残酷な事件。
心がとても痛みました。

この胸の痛みを忘れない為に
私は、今日のレッスンは、
あの事件で命を絶たれてしまった人たちを思いながら
祈りの舞を捧げようと決めました。

2度とあんな悲惨な事件が起こらないよう
そして、勇気ある行動をとって
命を絶たれてしまった犠牲者の方達が
天国で安らかに眠れるよう
祈りながら踊りました。

NYに住んでいた頃、
ツインタワーに足を運んだとき
9.11の惨劇なんてまったく
何事もなかったかのように
街は動き始めていて
人々が、その前を素通りしていく光景を目にし
とても寂しい思いがこみ上げてきたのを思い出します。

記憶は時間とともに、薄くなっていきます。
秋葉原の事件も、いつの日か忘れられてしまうのでしょうか。
何だか複雑な思いでいっぱいです。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/09(水)   CATEGORY: 未分類
命の重さ
卑弥呼の風邪が、卑弥呼ママ&おばあちゃんに伝染したらしく。。。
今日は、家族そろって熱と奮闘中。

「アイスノン」と「冷えピタ」にお世話になってま~す。
タオルで冷やすのが苦手なおばあちゃんもこれは便利と
「冷えピタ」かなりのお気に入りのご様子。
アメリカからもお土産に頼まれているほどですもの。
大人気だわ~。

てなわけで、今日も一日お家DAY。
夜9時から、友だちの浅沼コリンが出ているというので
日テレの開局55年記念番組
「あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった」
を見ました。

「彗星物語」、「東京大空襲」などなど
最近、コリンの出るドラマは、なかなかいいストーリーばかりで
今日もまたまた、ティッシュとお友達。

なんで、戦争は終わらないのだろう。
戦争は、人を狂わせる。
「今日一日を一生懸命生きる。」
という当たり前の事すら許されなかった時代。
捕虜になったら自決すべきという教え。
そのなかでも、必死に生きようとした人もいた。

命の大切さを改めて考えさせられるドラマでした。

戦争とはまた違った意味で、
今の世の中、また狂い始めています。
家族を殺したり、見知らぬ人を殺したり、
みんなで自殺をしたり。。。。

一生懸命生きたくっても生きられなかった人たちが
どんなにいたことか。
当たり前のような命にどれだけの重さがあるのか。
今、もう一度みんなにその重さを感じてほしい。
そんな思いが、卑弥呼に巡っています。

みなさんは「命の重さ」感じていますか。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/07(月)   CATEGORY: 映画
☆earth アース☆
家でただぼ~っとしてるのもなんなんで
卑弥呼ママが、TSUTAYAで借りてきてくれたDVD鑑賞をしてます。

昨日は、劇場で放映されている時からみたかったけれど
見損なっていた「earth」を見ました。

主役は、46億歳の地球。
噂には聞いていたけれど。。。
映像が本当にすばらしい。
地球ってきれいだぁ!!
地球人の一人である事を誇らしく思います。

惑星のなかで、唯一「生」を与えられた
奇跡の星、地球。
地球のあらゆるところで、動物たちのドラマが繰り広げられている。
「生きる」ってすごいことなんだ。
学ぶ事だらけの映画です。

そして、ベルリンフィルの音楽がまたすばらしい。
心を揺さぶられます。

これだけすばらしい地球に、今変化が次々と起こっている。
そう。それは地球温暖化。

今日から、洞爺湖サミット始まりますね。
地球人の一人として、
この美しい地球を守る為に私たちが出来る事。
なにかあるはず。

みんなで、この美しい地球を守りましょ~。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/06(日)   CATEGORY: 未分類
自然になる
う~ぅ、今回の風邪はかなりしぶとい!
熱も下がってもう、終わりだと思っていたのに。。。
またもや、熱再発。
今日も、楽しみにしていたダンカンクラスだったけれど。
やはり大事をとってお休みする事にしました。
残念。。。

ということで、今日は久々ののんびりDAY。
確かに、ちょっとハードすぎたのかもしれないな。
全く動けなかった時期が長かったので
ついつい、動ける事が嬉しくなっちゃって
そして、み~んなと会えることが嬉しくって。
ちょっぴり走りすぎたのかもしれません。
私のテーマは、「歩く」。
止まらず、走らず、でもマイペースで歩き続ける。
時々、忘れて走っちゃうのよねぇ。。。反省。。。

ダンカンのクラスでは、「自然になる」という事を学んでいます。
大地と天としっかり結びつくことで
自然に流れる動きを見つける。
これが、簡単なようでとっても難しい。
ついつい、どこかに力が入ってしまうんです。
力を抜くって、意外と難しい。
でも、これを学ぶ事が出来たら
きっと、もっともっと楽に生きる事が出来る気がします。

今は、しっかりと休養をとって
たっぷり充電して、
そして、又歩き出します。

身体はほんと、正直者。
今日は、じっくり身体をいたわってあげる日にしようっと。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/04(金)   CATEGORY: ダンス
久々のダンカン☆
メアリー先生のワークショップ一日目。
行ってきました!!

1ヶ月間、ストレッチなど自分で出来る事はやってきたけれど
やっぱり、みんなで一緒に踊るっていうのはハートの喜び方が全然違う。
初めて参加した方に、「すごくいいお顔して踊られますね。」
なんて言われてしまいました。
だって、だって、とっても嬉しかったんだもの~。
自然に顔もほころんでしまいます。

おまけに、日本のワークショップは
1回が3時間かけて教えていただけるので
レッスンの中で、イサドラ・ダンカンの生き方や
ダンカンダンスの歴史、ステップについてなども
細かくお話を聞く事が出来ます。
まだまだ学ぶ事がいっぱいだわ~。

昨日は、新月だったんですね。
気持ちも新たに生まれ変わった気分。

今日のクラスも楽しみです。

ダンカンダンスワークショップの詳細はこちら↓
http://www.duncandance.org/idhsj/html/events.html
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/03(木)   CATEGORY: ダンス
ダンカンダンス ワークショップ
今朝目覚めたら。。。
熱は完全に平熱に戻ってました~。
皆さん、ご心配おかけしました。
そして、あたたかいメッセージありがとうございます。

風邪のおかげで、すっかり時差ぼけ状態に陥り
うっかり日付を間違えるところでしたが。。。

本日7/3から
私のダンカンダンスの師匠 メアリー佐野先生が
サンフランシスコから来日され
ダンカンダンスのワークショップが開催されます。

1ヶ月、待ち続けていた久々のレッスン。
風邪なんかに負けず、もちろん卑弥呼も参加します。
ご興味のある方はぜひ。

詳細はこちら↓
http://www.duncandance.org/idhsj/html/events.html
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/02(水)   CATEGORY: 未分類
ノックダウン
いや~ぁ、だいぶ快調になってきたかと思っていた風邪。
まだ、甘かったぁ。。。。
昨夜、久々の38℃台の高熱で挑んできて。。。
流石の卑弥呼もノックダウン。

薬の作用もあったのかもしれないけれど
今日は、眠り姫のように眠り続けました。
今日一日、ごはんとお薬を飲んだ時間以外は
すべて寝ていたって感じ。
こんなに寝たのは久々だなぁ。。。
身体は正直者。
きっと、休みたいよ~。と訴えていたんですね。
人間ってこんなに寝れるんだとびっくりの一日でした。

でも、お陰で
熱も平熱に戻ってきたようで
かなり気分も良くなりました。

風邪くん。
ここまですべての闘いを挑んだ事だし
そろそろ終わりでいいよね。

明後日からは、サンフランシスコから
ダンカンダンスの師匠、メアリー先生がいらして
ワークショップがスタート。
1ヶ月間、待ちに待っていた久々のレッスン。
どうか、このまま元気になりますように。
もう少しだけ、おとなしくしています。

季節の変わり目。
皆さんもくれぐれも風邪には気をつけてくださいね。
CO*0 ] page top
DATE: 2008/07/01(火)   CATEGORY: 未分類
風邪ニモ負ケズ
風邪が、卑弥呼に挑んできてます。
う~、負けてなるものか。
先週末から、喉の異変を感じ、
鼻がつまったかと思ったら、今度は鼻水タラタラ。
くしゃみは出るは、咳は出るは、今日はとうとう声までガラガラ。
まぁ、日替わりで次から次へと挑んできます。
今日、ようやく時間が作れたので耳鼻科に行ってきました。

先生に病状を説明すると、やはり軽い風邪のよう。
鼻と喉に薬をぬってもらいました。
おまけに耳掃除までしてもらいました。
今は、耳の中の様子をカメラで見せてくれるんですね。
結構こまめに耳掃除していたつもりでしたが
カメラでみると、ものすご~いカス。
いや~ぁ、びっくりです。
それを見てから
「は~い、今からあのカスをお掃除しま~す。」と先生。
本当に掃除機みたいな音が耳元でして、
ささっときれいにしてくださいました。

卑弥呼パパも、耳の調子がずっと悪く、
今日は仕事がおやすみだったので、
親子で耳鼻科にお世話になりました。
待合室で待っている間、父が読んでいた本を貸してくれました。

加藤諦三の「やさしい人」という本。
その中に素敵な一節を見つけました。

  今を精一杯生きる。
  「安らぎ」はそうした日々のなかで培われる。
  今日一日だけ元気。
  それが明日につながる。
  今日一日、悔いのない過ごし方をする。
  みんな、そうして立ち上がった。

う~ん、いい言葉だ。
この言葉に触発されて
風邪なんかに負けてなるものかと
夕方から、大学院のゼミにまたまたお邪魔してきました。
日記でもご紹介した 唐組の女優の卵になった後輩と、
彼女の先輩女優さんがゲストにいらして
「夕坂童子」の裏話などなど貴重なお話をいろいろと伺いました。
舞台に登場する「手袋」から
ナジャの話につながり、オブジェ論へと展開。
「モノ」という言葉は、なかなか奥が深い。
いや~ぁ、今日もまたまたいろいろお勉強。
学べる場所があるってしあわせだなぁ。

さぁ、明日も精一杯生きますよ~。
悔いのないように。ね。
CO*0 ] page top
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。