卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/09/19(金)   CATEGORY: 音楽
音の旅
昨夜、阿佐ヶ谷ヴィオロンでのライブ無事終了しました。
お知らせが遅くなってしまったにもかかわらず
マイミクのAngelちゃん、ぴよさん、以前のお仕事の仲間たちなど
足を運んでくださったみなさん、ありがと~

日本に帰ってから、秋晴れ続きだったのに
やはり、昨日の天気は雨。
それも台風まで来ているみたいだし。。。
レインスティックの雨乞いパワーはまだまだ衰えていないのねぇ。
毎回、演奏している本人がこの力にはびっくりしています。はい。

野村さんのギターの音色とは、
何度か共演させていただいていますが
岡崎さんの喉歌、幕内さんの口琴は、初めての出会い。

岡崎さんの喉歌とは、まさにその文字のごとく
身体を楽器に倍音を使って表現される音色。
身体は一つなのに、いろんな音が溢れ出してくるのにびっくり。
広々と広がる大地を感じさせる音色ですが
二人のデュオの時は、その音色が一転して、
お経のようでもありました。

幕内さんの口琴は、どんなものだろう。。。
と気になっていましたが、
それは、卑弥呼がシチリアで見たことのある楽器でした。
その楽器を口にあて、手ではじきながら
口の中で共鳴させて
いろんな音階を表すことの出来る楽器です。

野村さんの風を運ぶようなギターの音色に合わせて
岡崎さんの喉歌でいろんな風景が目の前に次々と浮かび
そして、幕内さんの口琴の独特なリズムに思わず
足がステップを踏み出したくなる。

様々な音たちに、完全に卑弥呼の身体は操られていました。
デュオありソロあり、クワルテッとあり。
いろいろな音と音があの、ヴィオロンという不思議な空間で
共鳴し合い、とっても気持ちのよいひととき。
まさに、音によって旅をさせてもらった
ハートは、大喜び。

演奏終了後、お外はすっかり雨がやみ
きれいなお月様がにっこり微笑んでくれました。

素敵な時間に感謝。
スポンサーサイト
CO*1 ] page top
DATE: 2008/09/16(火)   CATEGORY: 未分類
ライブのお知らせ☆
しばらく更新できずごめんなさい
実は、卑弥呼は今、日本に来ております。

急なお知らせで申し訳ありませんが。。。
明後日18日(木)に、阿佐ヶ谷のヴィオロンにて
ライブに出演させていただくことになりました。

口琴の幕内順平さん、喉歌の岡崎俊介さん、そしてギターの野村雅美さん
とご一緒させていただきます。
野村さん以外は、全く初めての共演です。
一体どんなステージになるのか。。。
身体がどんな反応を起こすのか。。。

わくわく。。。どきどき。。。

もしお時間ございましたら、ぜひぜひ遊びにいらしてください。
お待ちしておりま~す。

**********************************

2008.9.18(木)『Comporovisation No.8』

場所:阿佐ヶ谷 名曲喫茶ヴィオロン
       杉並区阿佐谷北2-9-5 tel 03-3336-6414

時間:start:19:30 charge:¥1000(1drink付)

出演:卑弥呼(rainstick)、 岡崎俊介(喉歌)、 幕内純平(口琴)、 野村雅美(g)
CO*1 ] page top
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。