卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/10/30(火)   CATEGORY: 家族
おじいちゃんありがとう
祖父が天国に旅立ちました。

何度か入退院を繰り返していた祖父でしたが
今回の入院は、今までとは様子がちがうと母から連絡があった時
駄目もとで、仕事先にお休みを取れるか尋ねたら
快く日本行きを許してくださり、急遽2週間の日本行きが決まりました。

今回は、日本の皆さんにはあまり連絡できずごめんなさい。
でも、この2週間毎日病院に通い、祖父との貴重な時間を過ごすことが出来ました。
毎日アップダウンが続き、かなり苦しそうな祖父の姿も目にしましたが
お医者様にいいと言われたことはやり通した祖父。
食事は、時間をかけてゆっくりゆっくりと毎日完食し、
トレーナーの方に教えていただいたエクササイズも必ずこなし
何一つあきらめずにやり通した祖父。
あの意思の強さはすばらしかった。

私がアメリカに旅立つ日。
もうろうとした意識の中「気をつけていってらっしゃい!」と
やっとのことで言葉にして手を振って見送ってくれました。

今日、おじいちゃんが最期のときを迎えていた時、
私は玉野ご夫妻の舞踏のワークショップを受けていました。
クラスの中でヒロコさんが、私たちがこうして立っている背中の後ろには、
両親、おじいちゃん、おばあちゃん、そしてそのまた先祖というようにたくさんの先祖たちがいて、
そのご先祖さまの思いが身体の中を通り、
そして私たちは前に向かって歩んでいくのだとおっしゃったんです。
そのお話を聞いて思わず涙がこみ上げそうになりました。
あのエクササイズの時、私の身体にはおじいちゃんの思いがしっかりと流れ込んだのを感じたからです。
その思いが羽根になって大空にとんでいくのを身体を通して感じました。
離れていたけれど、あの時、確かにおじいちゃんの魂と一緒になれた気がしました。

クラスが終わり空を見上げると、空にはまん丸のお月様。
いつもになく、ものすごく美しく輝いていました。

写真 (95)

私はまだまだ弱虫だけれど、おじいちゃんを見習って
どんなに辛いことがあってもあきらめず前を向いて頑張ろうと思います。

どうか、天国でゆっくりと休んでくださいね。
おじいちゃん、ありがとう。

178264_4673721968820_1153230266_o_convert_20121030170749.jpg


スポンサーサイト
CO*4 ] page top
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。