卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/06/25(火)   CATEGORY: 未分類
自分を愛する
山川紘矢さん亜希子さんご夫妻の講演会に行って来ました。

以前、ファンの方から「魂のも燃ゆるままに」
というイサドラダンカンの自伝を
プレゼントしてくださったことがあります。
この本を翻訳されていたのがこのご夫妻でした。

photo+(4)_convert_20130624233016.jpg


その頃、私はまだイサドラ・ダンカンすら知らなかったのですが
「あなたのダンスとつながる気がするから読んでみて」
とこの本を頂いたのです。

この本を読み始めてから、彼女の言う通り、
イサドラという女性にも
彼女が生み出したダンスメソッドにもすぐに興味を持ち始めました。
でも、まさか本当に私がダンカンダンスを始めるとは
そのときは思ってもいませんでした。

私をダンカンダンスに導いてくれた大切な本です。

頂いた本には、すでにご夫妻のサインが入っていたのですが
私はその本を会場に持っていき、新しく日付を入れていただきました。

そして新たに「出会った人が運命の人」という本を購入しました。

photo+(5)_convert_20130624233057.jpg


今回の講演会のテーマは、「自分自身にもどる」でした。

私達は、生まれたときからそれぞれの人生のシナリオを持って生まれて来ているとか。
出会う人も、出会う土地も、自分では気づかないけれど
ちゃんと決められた道の上で出会っているんだそうです。

いいことも悪いことも、すべてに意味がある。
人は、独りとして間違っている人はいないとおっしゃっていました。
もし、悪人がいたとしたら、その人は自分を見失ってしまっている人。
自分自身を愛することを恐れている人。

人を変えることは出来ないけれど
自分はいくらでも変えることが出来る。
そして、自分が変われば人も変わる。

私達は、「愛」だったり「神」だったりを
必死に探してしまうことがあるけれど
それは、自分自身の中にあるんですって。
それは、エネルギーで
いつも私達はその愛の中に生きている。
だから、すでにみんな愛されているんです。

「愛」って一体なんだろう。。。
というのが、最近の私の疑問だったので
なんだかこのお話を聞いた時
胸がきゅんとしました。

人生はこうであらねばならぬ。
なんてことは、自分が勝手に決めていること。
もっともっと自由に、流れに任せて生きてみる。
これも、とても大切だなぁと。

2時間の講演会でしたが、本当にあっという間でした。
お二人の気さくな笑顔に癒されながら
たくさんのことを学んだひとときでした。

これもまたご縁。
すてきな出会いに感謝。




スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2013/06/20(木)   CATEGORY: ダンス
踊り続けるということ。
昨日は、久しぶりにバレエのクラスをとってみました。

先生は、かなりご高齢にも関わらず
身体は、今でもしゃきっとされていて
ただ見本を見せるだけでなく、
バーレッスンもセンターレッスンもストレッチも
私達と一緒にやってくださりました。

頭にはピンクの大きなお花をつけて
とてもキュートな先生。

ビギナークラスにも関わらず
音楽は生演奏。
ピアニストの方もまたまたご高齢。
でも、元ダンサーだったのかしらと思わせる
空気を漂わせていて
どちらもとてもすてきな方達でした。

好きなことを続けるということ。
体中から、その長年の生き方の証が
空気として現れるんですね。
私もこんな風に年を取りたいと
思わせる、すてきな先輩方に出会えて
いい刺激を頂きました。

最近、レストランの方が忙しいくて
なかなか踊る時間を見つけられずにいたけれど
実は、こうして見つけることが出来るのだと
改めて発見。
そして、踊ったあとは
いい汗かいて、気持ちもすっきり。

時間の使い方は、自分次第なんですね。
まだまだ、上手な使い方があるものです。
あ〜、やっぱり踊れるってしあわせ〜。



CO*2 ] page top
DATE: 2013/06/13(木)   CATEGORY:
地ビール、日本酒、焼酎。。。
先週末から、レストラン関係のイベントが重なり
いろいろ学ばせていただいています。

週末は、サンフランシスコ空港近くのホテルでのイベントに
一日アルバイトを頼まれて
久々の5:00起き。眠い目をこすりつつ出かけてきました。
私の担当は、地ビールブース。
岩手、群馬、東京、千葉、横浜。
みんないろんな地ビールを作っているんですね。
知らなかった〜。

私もお客さんも一番気になったのは
いわて蔵ビール
「山椒ビール」。
ビールの底には山椒のパウダーが。
後味さっぱりで、いろんなお料理に相性が合いそう。
お寿司屋さんや、これからうなぎの白焼きをメニューに出すという
焼き物屋さんなどが購入してくださいました。

東京の酵母がまだ瓶の中で生きていて
味がどんどん変わるという石川酒造さんの
多摩の恵み」というビールも飲みやすいビールでした。

久しぶりに黒スーツ何ぞを着て、心が引き締まる一日でした。

そして、今週に入り月曜日は、
今度は、食品関係の会社のイベントに
今度は、レストラン側の一員として参加。

ラーメン、お好み焼き、餃子にマンゴープリンなど
食べ物もいろいろ。
まるで大学時代の文化祭のような盛り上がりの中
新しいお酒のテイスティングもしっかりしてきました。
今回は、デザート系のお酒をいろいろテイスティングしましたが、
梅酒はもちろんのこと、ゆずのお酒や、赤米のお酒、そして
アメリカ人が大好きなにごり酒も、イチゴ味なども生産されていて
お酒の方も、どんどん新しいものが増えていることを知りました。
どの業界も、みんな必死にがんばっているんですね〜。

そして昨日。
一服で定期的に開かれているお酒と焼酎のお勉強会。

今回のお酒は、手取川で有名な吉田酒造の「手取川山廃」と「金華」。
山廃仕込みで作られているので
味がとっても複雑です。
山廃仕込みというのは、
手間がかかる上に、リスクも大きく
杜氏の腕が試される方法。
なので、山廃仕込みを続ける酒蔵は年々減って来ているんだそうです。

吉田酒造さんの映像を見つけちゃいました。
ぜひごらんくださ〜い。

コチラ


そして焼酎は、玄海酒造さんの「壱岐
山の守酒造さんの「山の守
豊永酒造さんの「豊永蔵
そして、佐藤酒造の黒の「佐藤」。

焼酎の楽しさは、芋、麦、米、をはじめ、
お茶、そば、人参、ごまなどなど
いろんな材料を使って作れるところと
飲み方もいろいろ楽しめるところ。

いろんな飲み方を試してみましたが
私のお気に入りは、麦焼酎の「壱岐」「山の守」はロック。
米焼酎の「豊永蔵」はストレート。
そして、芋焼酎の「佐藤」はお湯割り。かな?

お酒の世界は本当に奥が深い。。。
まだまだ学ぶことが一杯です。

でも、アメリカにいながらこうして
日本の食やお酒を学べる環境にいることに
あらためてしあわせを感じた数日間でした。

あ〜、それにしてもよく飲んだなぁ。





CO*0 ] page top
DATE: 2013/06/07(金)   CATEGORY:
人を良くする「食」
昨日、IPPUKUのサザエさんのポスターの話をブログに書いていたら
DELICAでは、本物のサザエが〜。

936267_10201130368689130_1952408901_n_convert_20130607001009.jpg

見た目はかなりグロテスクですが、おいしそう。
味見、してみたいなぁ。

ところで、サザエを英語で何というか知っていますか?
Turban shellって言うらしいですよ。
確かに、貝の形はターバンみたいですよね。
おもしろ〜い!!

「食」という字は、「人」を「良」くすると書きます。
「食」と関わる仕事ができてしあわせです。
もっともっといい「食」と関わっていきたいなぁと思います。

デリカの6月メニューの試作品が出来上がりました。

421218_10201131068346621_2067713475_n_convert_20130607001600.jpg

EBI AVOCADO SALADです。
みんなで試食しましたが、かなりおすすめの逸品に
仕上がっています。

おいしい「食」をもっともっと提供できるように
今日もがんばります!!

CO*0 ] page top
DATE: 2013/06/06(木)   CATEGORY:
昭和レトロ
Ippukuのオーナーは日本が大好き。
お店のあちらこちらに
オーナー好みの昭和レトロがちらほらと。
この何とも言えないセンスが私は好きです。

例えばこちら。

6-4-13-3_convert_20130606004637.jpg

ルパンやら、サザエさんやら、ハイジやら。
懐かしいものぞろい。

そして、先週日本から帰って来たら
さらにこんなものが増えてました。

6-4-13-5_convert_20130606004937.jpg

なんともいえない懐かしいにおいがしませんか。

そして、昭和とは関係ないけれど。。。
こんなものもいつの間にかバー張られていました。

6-4-13-4_convert_20130606004910.jpg

一体どこで見つけてくるのかしら。

そして、
音楽は、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」や、
山本リンダの「こまっちゃうナ」なんかも時々流れてます。

日本でも、忘れかけられている昭和が、
ここ、Ippukuにありますよ。





CO*0 ] page top
DATE: 2013/06/04(火)   CATEGORY:
ソノマDAY
久々に、夏日和の週末。
初めてソノマに行ってきました。

ナパと並んでワインで有名な街。
とってもかわいらしい街で、おいしいワインをたくさんテイスティングしてきました。

まずは、Bravasで軽く腹ごしらえ。
2013年のイーストベイのTop100レストランにも選ばれているお店。
シンプルだけど、食材の味をしっかり生かしたタパスたち。

グリルしたビーツ。

6-3-13-1_convert_20130604011926.jpg

ガーリックトーストとアサリ。

6-3-13-2_convert_20130604012115.jpg

ワインはロゼとソーヴィニヨン・ブランをチョイスしました。

5462_10201105460826449_1464757729_n_convert_20130604013756.jpg



おなかも落ち着いたところで、
念願のワインテイスティングスタート。

最初は、オーナーの指紋のマークがラベルになっている
thumbprint cellars.

6-3-13-4_convert_20130604012409.jpg

味もすてきだけどボトルもすてき。

6-3-13-3_convert_20130604013039.jpg

お次は、La crema.
お店番のわんちゃんがかわいい〜。

6-3-13-5_convert_20130604014029.jpg

6-3-13-7_convert_20130604014552.jpg

ここは、毎年母の日に限定で作るというロゼが最高でした。
何とも言えないピンク色が母の日にぴったり。

お次は、街から少し離れて、さらに自然の中へ。
まずはUnti Vineyards.

6-3-13-6_convert_20130604015800.jpg

青々したぶどうが、すでに実をつけていました。
このぶどうたちは、一体どんな味のワインになるのかしら。

広大なワイン畑をバックにぱちり。

6-3-13-8_convert_20130604020238.jpg

他にもいくつか、回りましたが
だんだんご機嫌になって来て、写真とり忘れました。。。

久しぶりにのんびり休日。
自然に触れながらのワインの旅。
なんともすてきな週末になりました。

偉大なる大地に感謝。

CO*0 ] page top
DATE: 2013/06/01(土)   CATEGORY:
手作り珍味
私の働いているDelicaでは、珍味ももちろん手作りです。

寿司シェフみきこさん手作りの

イカの塩辛。

10602_10201096661926482_1128710369_n_convert_20130601015043.jpg

日本にはおいしい塩辛がいっぱいあって
昔は、ファンの方達からいろんなテイストの
塩辛を頂いたものです。
そういえば、アメリカにきてから
おいしい塩辛食べてなかった〜。

でも、もう大丈夫。
みきこさんの手にかかれば
日本に負けないおいしい塩辛いただけます!!

そしてお次はこちら。
さてこれは何を作っているところでしょう?

5-31-13-1_convert_20130601015557.jpg

まるでソーセージのようですが。
正解はこちら。

954897_10201096662686501_1893626529_n_convert_20130601015104.jpg

ワイルドキングサーモンの肝です。
今、キングサーモンが旬で
とっても新鮮な肝が手に入るのです。
肝の作り方、初めて知りました。
ソーセージ作りみたいでした!!

あぁ、こんな珍味を目の前にしたら
おいしい日本酒が飲みたいなぁ。。。
CO*0 ] page top
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。