卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/11/28(木)   CATEGORY: ダンス
自分とつながる
先週の日曜日。
久しぶりにダンカンダンスのクラスがありました。
先生は、日本に行かれていて不在だったなのですが
みんなで集まって大好きなダンカンを共に踊りました。

先週から、体調崩していて
かなり身体と心のバランスがぐらついていたのですが
ダンカンダンスを踊ると
自分のぶれている軸をまた見つめ直すことが出来ます。

風を感じたり、空を感じたり、大地を感じたり
ダンカンダンスを踊るたびに
からだと自然のつながりをまた
思い出させてくれる。

人が、本来もっている自然の形。
日常生活でついつい忘れかけてしまうもの。

ダンカンダンスは、そうしたものを
私に気づかせてくれる
とても大切なものです。

幸せなひとときに感謝。
もっともっと踊りたいなぁ。



スポンサーサイト
CO*0 ] page top
DATE: 2013/11/15(金)   CATEGORY: 未分類
大切な仲間
不思議な夢を見た。

仕事場の仲間がみんな家族で
一緒に食卓を囲みながら、人生の悩み事なんかを語り合っている夢。
なんかこうして一緒にいるのが不思議だね〜。
なんてお互いに言いながら。。。

目が覚めて、なんか不思議と思いつつ
実際に、今の二つの仕事場の仲間は
私にとって本当の家族のようになっているなと思いました。

国籍も、年齢も、社会の中での役割もみんな違う。
でも、縁があって今の職場に集まって来て
一緒に働いてる仲間たち。
みんないろいろな事情でやめてしまう仲間もたくさんいたけれど
でも、お客さんとしてまた帰って来てくれる。

私の二つの職場は、こうやってまた帰って来れる場所です。

仕事場の仲間だけでなく、お客さんだったり
同じビルディングで働いている友だちだったり
みんなが、また帰って来れる場所。

「食」の仕事って、こうやってみんなの輪をどんどん広げていける
仕事なんだな〜ってつくづく思う今日この頃。

今、こうやって出会えて一緒に時を過ごすことが出来ている
仲間たちとの時間が、とても愛おしいです。

そして、従業員のみでなく
もっともっと多くの人が、また帰ってきたいと思える
場所を作っていけたらいいなって思います。

み〜んなだいすき!!








CO*0 ] page top
DATE: 2013/11/05(火)   CATEGORY: 家族
祖父との再会
久々の更新です。
1年ぶりに日本に行ってきました。

今回の一番の目的は、一年祭を迎える祖父との再会。
久しぶりに親戚にも会えるのを楽しみにしていましたが
台風のお陰で、日時が変更になり
親戚みんなとの再会は叶いませんでした。。。
今回はレインスティックは振っていなかったのになぁ。

でも、祖父のお墓や、祭壇にお参りすることが出来ました。
1度目は、日本に着いた翌日。祖母と両親と一緒に祖父のお墓参りに行きました。
そこに、一匹の蝶々がやってきて
私達の周りをひらひら舞っていました。
きっと、あれは祖父だったのではないかな。。。なんて思ってます。

2度目に訪れたときは、台風一過で美しい夕焼けを見ることが出来ました。
祖父は、毎日こんな夕焼けを眺めているのかしら?

アメリカにたどりついた昨日が、
祖父の一年祭。
サンフランシスコの夕焼けもとっても美しくて。。。
祖父のことを、一人思っていたら
母がスカイプをかけてくれて
親戚のみんなとお話しすることが出来ました。

写真は、出発前日に
94歳と90歳の二人の祖母と。

1397093_10202219658960706_1024098650_o_convert_20131105043248.jpg


祖父の分まで、二人の祖母たちには元気で長生きしてほしいです。




CO*0 ] page top
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。