卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/05/01(木)   CATEGORY: 未分類
お引っ越し
ダンカンデビューの翌日。
新しいお家に引っ越しました。

この2ヶ月間は、母のお友達のMさんのアパートにお世話になっていたのだけれど
ようやく、新しいお家が見つかったのです。

新しいお家は、日本人のおばあちゃんとアメリカ人のご主人がオーナーで
私を含めて5人が、一緒に暮らします。
みんな日本人女性で、年齢も同世代。
大きなウォーキングクローゼットのついたお部屋で
ベッド、布団、クッション、机、いす、タンス、カーテンなどなど
すべてオーナーのおばあちゃんが用意してくださり
必要最低限の生活用品だけを購入しただけで
引っ越しが終了してしまいました。
なんてラッキーなんでしょう。

場所も、MUNIという地下鉄の駅から徒歩一分で
家のまわりには、レストラン、カフェ、銀行、ドラッグストアー
などなどなんでもそろっているかわいらしい街。

今までお世話になっていたアパートは、
市庁舎のすぐ目の前で
シンフォニーホールや、バレエの劇場にも
すぐ近くだし、
21階のお部屋で眺めも最高だったけれど
夜になると、ホームレスが集まってきて
ちょっぴり怖いところでした。

おまけに、引っ越し前の最後の日。
早朝4:30に 突然火災報知器が鳴りだした時には
私、どうやってここから脱出しようかとかなり焦りました。
結局、このサイレンは
スプリンクラーが間違って作動した為に起こった
ハプニングだったのだけれど
9.11の映像が思わず脳裏に浮かびました。
やっぱり、高層ビルに住むのはちょっぴり怖い。。。

だからこそ、余計に新しいお家はかなり気に入っています。

ルームメイトさんと暮らすという体験は
私にとって初めての経験。
またまた、いろいろな事を学ばせてもらいそうです。
でも、みんないい方ばかりで安心しました。

また、次のステップに進みました。
これからどんなことが起こるのかわかりませんが
マイペースで私らしく歩いて行こうと思います。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。