卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/03/06(日)   CATEGORY: ダンス
がんばらない。
ダンカンダンスの師匠、メアリー先生もまた
サンフランシスコから日本にいらしていて
昨日は、ワークショップを受けてきました。

久しぶりの日本で、人の多さや、高~いビルなんかに圧倒されて
知らず知らずに身体中が緊張してきているのがわかります。
でも、昨日のワークショップでは
蝶々の一生を描いた「バタフライ」や
お水のせせらぎの様子を舞う「ウォーター」
そして以前のブログにも書いたことのある
「禅」などなど、卑弥呼の大好きなレパートリーを
皆さんと一緒に踊らせてもらうことで
ハートがものすごく喜び、自然を思い出させてくれました。

ダンカンダンスは、力を抜くこと、ありのままの自分になることをいつも教えてくれます。
メアリー先生に
「がんばりすぎてはだめよ」と注意していただきました。
その言葉は、ダンスだけでなく卑弥呼自身にとても強く響きました。

大地を感じ、風を感じ、木の根のようにルーツを感じる。
それをより深く感じるためい余計な力は要りません。
いかに自然と近づけるか。ダンカンは私にその課題を与え続けてくれるでしょう。


メアリー先生のワークショップは、19,20日にもまた受けられます。
卑弥呼も今のところ参加予定です。
詳細はこちら

がんばらないがんばらない。
さ、皆さんも肩の力を抜いて自然を感じてみませんか。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。