FC2ブログ
卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/05/14(月)   CATEGORY: ダンス
自由か不自由か
土曜日に二つのパフォーマンスを見に行きました。

映画の二本立ては経験あるけれど
ダンス公演の二本立ては初めての体験。
同じ会場で、二つの別の作品を見る。
なんて贅沢なのかしら。

こんな贅沢ができるのも」San Francisco International Arts Festivalのおかげです。
おまけに2つ目はチケット料金が半額に。
なんて素敵!!!

一つ目は、Axisという車いすのダンサーが活躍するグループの作品。

車いすをこんな形にも使えるのかという見事な演出にただただ驚きました。
迫力もスピードもすごくて圧倒されまくり。
思わず感動して涙がこぼれていました。。。

不自由な体はどこにも見えなくて
しなやかな動きが次々に現れてくる。

車いす=不自由な体 

と勝手に思い込んでいた自分に気がつきました。
彼らにとって車いすは体の一部。
そして、二本の足を使うよりも
また違った動きがたくさん表現できるすぐれもの。

それを見事に表現するために
鍛え上げられたダンサーたちの姿はきらきらと輝いていました。


そして、2つ目は先週ワークショップをうけたInk Boatと室伏鴻さんの
コラボレーション作品。

こちらは、最初のグループとは見事に正反対の動きで
自由な体をあえて不自由に動かすのです。
体をこわばらせ、けいれんを永遠に続けたり
不自然な歩き方をしてみたり。。。
時々、目を伏せたくなってしまうくらい
体を不自由に使おうとするダンサーたち。
こちらもまたすごい。

自由とか不自由とか
そんなもの実際には存在にしないのかもしれません。
自分で作っているものなのかも。

水辺ですいすい気持ち良さそうに泳いでいる鳥たちも
水の下では、必死に足を動かしています。
外に見えるものの裏側には、違った行動が隠されている。
ただ、人はつい外に見えるものだけで判断してしまいがちになってしまうんですよね。

今回のこの2つのパフォーマンスをみたことにより
私の中で「自由」と「不自由」の感覚が新しくなりました。

新たな発見に感謝。




スポンサーサイト
CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

★卑弥呼☆ | URL | 2012/05/15(火) 03:32 [EDIT]
★Pandoraさん★

とても楽しい夜でしたよ~。

Pandoraさんのおっしゃる通り、
すべては本人次第だよね。
私は、どんなこともすべて受け入れられるような
大きな器の人間に近づきたいなと思うよ。

● あら、すてき・・・
Pandora | URL | 2012/05/15(火) 02:34 [EDIT]
こんばんは、卑弥呼ちゃん。

2つのパフォーマンスを観る夜、だなんて・・・さすが都会という気がしてくる。

不自由か、そうでないかというのは、本人の意思次第だと思うんだよね。そりゃ、五体満足で、この世に”生”を授かれば、その時点で、それが普通だと思って生きてきてしまうから、私だって、『もし・・・』ということは、考えづらい。
しかし、パラリンピックや、南アの義足ランナーを見たり、はたまた、辻井さんのような世界的に有名なピアニストを知ったりすると、小さなことに悩んでいる自分が、よほど小さな存在に思えてくる。
人間というか、この世に生を得たものは、限りない可能性を秘めている・・・幸福すぎると、それが見えない(もしくは、辛い面を見たくない)のだと思う。とくに、それは、生ぬるい湯に浸かったような、シチリアの若者を見ると、反省心を煽るよ、わたし・・・
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。