卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/11/27(火)   CATEGORY: アート
自然になった日。
私の書道&ダンスパフォーマンス「森羅万象」、無事終わりました〜!!

サンクスギビングの週末。
家族と過ごす大切な時間にもかかわらず
会場には予想以上のたくさんのお客様が集まってくださいました。

足を運んでくださった皆さん、ほんとうにありがとうございます。

なんだかあまりにも、素敵な一日すぎて
いまだにまだ夢の中にいる気分。。。

今回は、ガーデンでのパフォーマンスだったので
今回だけはレインスティックで雨乞いしないように、
天国にいるおじいちゃんたちへ、
たくさんお祈りしましたが、
その想いが届いたのか
当日は、雲一つない晴天に恵まれました。

そんなすばらしい空間の中、私の自然への旅が始まったのです。

まず、昨年の蘭香さんのパフォーマンスではじめて出会った
ヘアメイクのひろえちゃんが、
私を、いつもの私から自然の世界へと導く第一歩を手伝ってくれました。
ヘアメイクの力の持つ力ってすごい!!
彼女のセンスは、おもしろい。
眉毛も全部そって大変身。

DSCN1832_convert_20121127004700.jpg

そして、私が一目惚れしたこのKAPPAZAKKAのガーデンの中を
グル〜っと一周。どんどん心は自然と解け合ってゆく〜。

DSCN1836_convert_20121127010058.jpg


ひろえちゃんには、パフォーマンス中も
ライブでさらに私を変身させてくれます。

DSCN1845_convert_20121127005224.jpg

ここでひでおさんの音楽も登場!!
日本から到着してすぐのスケジュールにもかかわらず
快くコラボを引き受けてくださってありがとうございました。


DSCN1842_convert_20121127010919.jpg

ここから、書道の世界へと進んでゆきます。
今回は、谷川俊太郎さんのポエム「あなたに」を
使わせていただきました。

あなたに
燃えさかる火のイメージを贈る
火は太陽に生まれ
原始の暗闇を照らし
火は長い冬を暖め
祭の夏に燃え
火はあらゆる国々で城を焼き
聖者と泥棒を火あぶりにし
火は平和へのたいまつとなり
戦いへののろしとなり
火は罪をきよめ
罪そのものとなり
火は恐怖であり
希望であり
火は燃えさかり
火は輝く
─あなたに
そのような火のイメージを贈る


あなたに
流れやまぬ水のイメージを贈る
水は葉末の一粒の露に生まれ
きらりと太陽をとらえ
水は死にかけたけものののどをうるおし
魚の卵を抱き
水はせせらぎの歌を歌い
たゆまずに岩をけずり
水は子どもの笹舟を浮かべ
次の瞬間その子を溺れさせ
水は水車をまわしタービンをまわし
あらゆる汚れたものを呑み空を映し
水はみなぎりあふれ
水は岸を破り家々を押し流し
水はのろいであり
めぐみであり
水は流れ
水は深く地に滲みとおる
─あなたに
そのような水のイメージを贈る

あなたに
生きつづける人間のイメージを贈る
人間は宇宙の虚無のただなかに生まれ
限りない謎にとりまかれ
人間は岩に自らの姿を刻み
遠い地平に憧れ
人間は互いに傷つけあい殺しあい
泣きながら美しいものを求め
人間はどんな小さなことにも驚き
すぐに退屈し
人間はつつましい絵を画き
雷のように歌い叫び
人間は一瞬であり
永遠であり
人間は生き
人間は心の奥底で愛しつづける
──あなたに
そのような人間のイメージを贈る


あなたに
火と水と人間の
矛盾にみちた未来のイメージを贈る
あなたに答えは贈らない
あなたに ひとつの問いかけを贈る



「火」「水」「人間」というテーマにそって
身体と心がとらえたその瞬間、瞬間を
出てくるまま、自然のままで表現しました。

DSCN1848_convert_20121127012539.jpg

DSCN1850_convert_20121127012734.jpg

DSCN1854_convert_20121127012942.jpg

DSCN1860_convert_20121127013102.jpg

あっという間に過ぎる時間。
幸せな時間。
心がとっても穏やかになってゆきました。

パフォーマンスのあとは、手作りフードで
いらしてくださったお客さんたちと団らんタイム。

私が働いているデリカの女性寿司シェフみきこさんによる
アーティスティックなお寿司。

465688_10151192763521985_1041102293_o_convert_20121127050431.jpg

そして、今回、いろいろとお手伝いしていただいた
帽子作家ももかちゃんの抹茶ケーキ。

DSCN1828_convert_20121127050945.jpg

ももかちゃんには、「あなたに」の英訳を手伝ってもらったり
この素敵な写真もももかちゃんがとってくれました。
ももかちゃんのお帽子の写真がなくて残念。。。

本当は、一回公演だったのですが
お昼に働いていて来れなかった仕事の仲間たちが
お友達を連れてはるばるやって来てくれたので
実は、夕方から
キャンドルをつけての
別バージョンも行われました。
こちらは、まだ写真が手元に来ていないので
皆さんにはまだお見せできませんが。。。

ビデオを担当してくれたゆうこちゃんと禅くんが
素敵なビデオもとってくれたというので、
出来上がりが楽しみです!!

日本でもいろんな方々に助けられて、パフォーマンスを続けてきましたが
アメリカは、来てまだ間がなく
いつか何かやりたい!!って思いを描きながらここまでやってきましたが
今回、本当にその夢が実現することができて
なんだかとっても感動しています。

たくさんの方の手があってこそ、この日を迎えることが出来ました。
日記に書ききれていないけれど、
本当に本当にたくさんの方に支えられて今の私があります。
すべての皆さんに感謝。

これからも、末永く卑弥呼のことよろしくお願いします。


スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。