FC2ブログ
卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/04/24(水)   CATEGORY: ダンス
チーム卑弥呼
5/4のイベントのドレスリハーサルを昨日やりました。
ヘアメイクのひろえちゃんは
前日から泊まりに来てくれて
一緒に衣装作り。
そして、朝も早起きをして
3時間近くかけてヘアメイクを仕上げてもらいました。

以前のブログにも書きましたが
ヘアメイクの力って本当にすごい。
どんどん、作品の中に気持ちが入り込んでゆくのが
身体を持って感じられます。

リハーサルには、映像をお願いしているゆうこちゃん
そして、音楽を編集してくれたRayも来てくれて
今回の作品「Be a Rose」のチーム卑弥呼全員集合。

忙しい中、時間を作ってくれたみんなに感謝です。

ぽつり、ぽつりとイメージがあり、
それをひとつ、ひとつ形にして
ようやく一つの作品が出来上がってきました。

この作品、私一人の力では何も出来ません。
みんなの力を借りて、ここまできました。
日本では、既にたくさんの方の力を借りてパフォーマンスをしてきましたが
ここ、アメリカでもようやく大切な仲間が増えてきました。

何でもすぐにはできないけれど、
あきらめずに続けること。
大切なんだなぁと、感じる毎日です。

今回の作品は、今までしっかりと鍵をかけてしまっていた
ココロの一部の鍵をオープンしようとしているので
感情的にもかなりいろいろな変化が起こっています。
まだ知らない自分が、渦巻いていて
自分でもびっくりすることがあります。

先日、仕事場で指をガラスで切ってしまったことがありました。
貧血を起こすくらい深い傷でびっくりしたけれど
すぐに、仕事場の人が適切な手当をしてくれて
傷は、しっかり元に戻ろうとしています。

その出来事のときにふと思ったんです。

目に見える傷は、痛みも感じるし、
傷がどのくらい治っていくのかも
目で見て感じることが出来る。
人にも、もうこんなに治ったよって
見せることも出来る。

でも、ココロの傷は誰も見ることが出来ない。
本人だけは、感じられるのに
その傷を見るのを恐れてしまう。
だから、ふたをして、鍵を閉めて
傷なんてなかったかのようにしてしまう。

ふたをされてしまった傷は、その後どうなるのだろう。
今までそのことを考えたことがありませんでした。

ゆうこちゃんが教えてくれました。
ユダヤの人たちは、お葬式の時
喪服の一部を裂いて、亡くなった人への悲しみを
しっかりと感じるんだそうです。

そして、Rayが言ってくれました。
その痛みにふたをしてはいけないって。
それは外に出さなくてはいけない。
君にはダンスと書道という道具を使うことが出来るんだよって。
その道具を身につけている君はラッキーなんだよって。

そして、ひろえちゃんが言ってくれました。
もう、そろそろその痛みとお別れてしてもいいんじゃないって。

仲間たちの言葉に支えられて
今、この新しい作品「Be a Rose」にむきあっています。

本番まであと少し。
どんな薔薇を咲かせることが出来るのか。
なんだかわくわくしてきました。






スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。