卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/05/07(火)   CATEGORY: ダンス
ココロの石がとける
『Be a Rose』無事終わりました。
会場に来てくださった皆さん、ありがとうございます。

今あるすべて、出し切りました。
ココロの中にためていたもの、すべて、出し切りました。
そして、今ココロがとっても軽いです。

長い間、ココロの中にしまい込み
いつの間にか大きな固まりとなって
石のようにおなかのあたりに溜まっていた感情。

それが、どれだけ重いものだったのか、
今回、この作品と向き合いながら改めて気がつきました。

心に傷がついた時、
自分はゴミになったと思いました。
使えなくなったら捨てられる。
ずっと抱え続けていたそんな思い。

心の中で「ごめんなさい」と叫び
弱い自分を責め続けてきました。

ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。。。

もう十分だってわかっているのに
ずっとずっと言い続けてきた言葉。

もう「さよなら」したい言葉たちを
一枚の紙の上に書き出してみました。
心の中におさめておくのではなく、
外に出してあげました。
坂本龍一さんの「In the red」という曲の中で何度も出てくる
「I will be alright. 」という言葉とともに。

そして、それらの言葉を
びりびりに破り、ゴミにしました。
これで本当に「さようなら」。

でもゴミを見るとつい自分と重なってしまう。
私はゴミなの?いやちがう。。。
揺れ動く心。
さみしさと怒りが折り重なる.
天平くんの「鬼神の輪舞」の曲は
そんな私の揺れ動く感情を
見事に支えてくれました。

そして、すべて出し切ったとき、微かに聞こえてくる
「The rose」の歌。


The rose

Some say love it is a river
That drowns the tender reed
Some say love it is a razor
That leaves your soul to bleed
Some say love it is a hunger
An endless aching need
I say love it is a flower
And you its only seed

It’s the heart afraid of breaking
That never learns to dance
It’s the dream afraid of waking
That never takes the chance
It’s the one who won’t be taken
Who cannot seem to give
And the soul afraid of dying
That never learns to live

When the night has been too lonely
And the road has been too long
And you think that love is only
For the lucky and the strong

Just remember in the winter
Far beneath the bitter snows
Lies the seed that with the suns love
In the spring become the Rose


Lyric: Amanda McBroom
Artist: Bette Midler




この曲とともに
会場にちらばるゴミのような紙切れを
ひとつひとつ拾い上げてみる。

新たな命を吹き込んだ時、
それはいつしか、ただのゴミではなくなり。
一枚一枚の花びらに変わる。
そして、その花びらの層が折り重なった時、
一つの美しい薔薇になる。

私は、ゴミから薔薇になりました。
そして、ココロの石はいつのまにか融けて
軽くなりました。

すごくすごく怖かったけれど、
思い切って向き合って本当によかった。

支えてくれる仲間たちがいたから
思いっきり飛び込むことが出来ました。

作品作りに手を貸してくれた方達。
会場に足を運んでくれた方達。
そして、遠くからエールを送ってくれた方達。

みんなの力があって
今の私があります。

過去を見るのはこれでおしまい。
これからは、今に、向かって歩き出します。

009_convert_20130507022444.jpg






スポンサーサイト
CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

★卑弥呼☆ | URL | 2013/05/08(水) 15:53 [EDIT]
★千絵さん☆

素敵なコメントありがとうございます。

千絵さんのおっしゃる通り、
自分の中にある思いが、どんなものなのか
なかなか見つけられなくて、
表に出すのがとても大変でした。
でも、今回のパフォーマンスで
何かが変わったのを感じます。

いつの日か、千絵さんにも
今の私をみてもらいたいです。


千絵 | URL | 2013/05/08(水) 09:09 [EDIT]
ずっと長いこと溜め込んでいた思いがあったんですね。

デヴィッド・リンチの映画作品を見た時に、アーティストはこういう形で自らの深層にある様々な怨念を解放することができるんだ!と思い、感動したことがあります。

本当に自由になりたいと思ったら、自分を縛っている観念から解き放たれなければいけませんが、その観念をまず表層にひっぱりあげるのが難しいんですよね。
多くの場合、それがあること自体に気づいていないから…

それを自分がわかる形で認識して、よく見られるようになったら、きっともうそれは、怖いものでもなんでもないんですよね。

よく、名前を当てられたら消えてしまう鬼や化け物が民話などには出て来ますが、それってきっとそういうことがよくわかっていた昔の人たちが寓話の形で表した、解脱の方法なのではないかと思います。

穴を埋める作業が終わったら、今度はそこに新しいものを建てるだけなので、これからの智子さんが楽しみです。

いつかぜひ、パフォーマンスを見せてくださいね。
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。