FC2ブログ
卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/04/28(月)   CATEGORY: 未分類
大切な人の二つの死
先週、私にとって大切な人が二人亡くなくなりました。

一人は、日本の実家のお隣に住んでいた
大好きなおじちゃん。

いつもにこにこ、のほほ〜んとしてらして
お豆腐が大好きで
メダカを大切に大切に育てていて
私にとって癒しのおじちゃんでした。

いつも日本に帰って、会いにいくと
笑顔で迎えてくれたおじちゃん。
この前帰ったときは、元気だったのに。。。
次、帰ったときはもう会えないのかと思うと。。。
なんだか信じられません。

そしてもう一人は、私がサンフランシスコに来て
最初にお世話になっていたお家の大家さんのおじいちゃん。

とても口数の少ない方だったので
あまりお話しする機会は少なかったのですが
日本人の奥様といつも、どこへ行くのも一緒でした。

あの頃は、私はジャパンタウンで働いていたのですが
よく、お二人がベンチに座って
お昼を仲良く食べていらっしゃった姿が
今でも目に浮かびます。

おじいちゃんのお葬式は、昨日だったのですが
次のパフォーマンスのリハーサルと重なってしまい
葬儀に参列することは出来ませんでした。
でも、ご家族にご挨拶に伺おうと
久しぶりに私の昔住んでいた街に足を運びました。

いろんな思い出が頭の中を駆け巡りました。
あの頃住んでいたハウスメイトも
ほとんど日本に帰ってしまったけれど
ひとり、まだ残っている子がいて
久しぶりの再会を果たすことが出来ました。

先が全く見えなくて
霧に包まれた、あの駅にたどり着くたび
これから私は一体どうなるんだろうと
不安と期待でぐちゃぐちゃだったあの頃。
でも、お家に帰ると待っていてくださる方がいて
一人じゃないんだと心強く感じたものでした。

久しぶりに降り立ったあの駅
昨日は霧一つなく、空は青空で澄み渡っていました。
あれから3年、いやもう4年?
時間は着実に過ぎ去っているのだなぁと実感。
あの頃があったから、今がある。

おじいちゃんのお陰で、原点にもう一度触れることが出来ました。

お隣のおばちゃん、お姉ちゃんたち
そして、大家さんの奥さんや娘さん、お孫さん。。。

残されたご家族たちの悲しみを考えると
とても切なくなります。
どうか、お力を落とされませんように。。。
おじちゃんやおじいちゃんが与えてくれた
たくさんの愛と一緒に、また新たな一歩を
歩みだせるよますように。。。

お二人のご冥福を心よりお祈りします。

photo+(79)_convert_20140428183708.jpg





スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。