卑弥呼の言の葉
レインスティック奏者&ダンサーの卑弥呼が語る 日々の言の葉。ありきたりの毎日に隠されている宝物をいっしょにさがしましょ。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/12/19(火)   CATEGORY:
お腹も心も満腹DAY.
おとといのお友達の結婚式では、
学生時代の仲間のほかに、
バイト仲間とも再会した卑弥呼。

卑弥呼は、大学の4年間、品川の「つばめグリル」で
アルバイトしてました。
皆さん知ってます?「つばめグリル」!!
結構いろんなところにあるんですよ~。

なんか急に、つばめ名物の
「つばめ風ハンブルグステーキ」
が、食べたくなり。。。
そしたら、なんと卑弥呼のバイト先である
松坂屋のお隣さん、コアビルの地下にあるではないですかぁ。
「つばめグリル」!!!!
神様が、きっと呼び寄せてくれたんだわ~ということで
今日のランチは、一人つばめランチをしちゃいました。
ランチには、もれなくトマトサラダ付き。
このトマトサラダがまたおいしんですぅ。
丸ごとトマトの中はいったい??
卑弥呼もよく中の具を詰め込みましたぁ。
中身は、ぜひぜひつばめのランチでお試しあれ~。

そして、メインの
つばめ風ハンブルグステーキとは。。。
ハンバーグにビーフシチューのようなソースがかかって
アルミホイルでくるまれて登場。
その横に添えてある、ベイクドポテトがほくほくっで
おいしい。。。ほのかに甘みもあって
あ~、もう最高!!ふふふ。
幸せいっぱいになりました☆

その幸せパワーで、午後も元気に乗り切り
18時でお仕事を終えたら、猛ダッシュで
柏のStudio Wuuへ。
卑弥呼のコンサートにも出演してくださったピアニスト
久元祐子さんのコンサート。
今日のテーマは、ショパンとリスト。
ご本もたくさん出版されている祐子さん。
今日のコンサートは、演奏だけでなく
面白いトークも交えてのコンサートで
ショパンやリストのおもしろエピソードまで
聞くことが出来ました。

いろいろ演奏してくださった中で
一番よかったのは、やっぱり最後に演奏された
リストの「二つの伝説」より
「小鳥と語るアッシジの聖フランシス」と
「波をわたるパオラの聖フランシス」。

最初の曲は、聖フランシスが、小鳥に説教をするという
お話を描いた曲ですが、ほんとにいろんな小鳥が
やってきたかのような、さえずりがたくさん響きました。

そして、2曲目。聖フランシスが、イタリア本土から
シチリアをつなぐメッシーナ海峡を船で渡ろうと
船頭さんに船を出すようにお願いすると、
聖人だったら歩いて渡れるだろうと断られて困っていると
奇跡が起こり、マントと杖で海を悠々と渡ってしまう
というお話。
海野奈美を思わせる雄大なメロディーが印象的でした。

祐子さんの演奏は、いつ聞いてもダイナミックさと繊細さを
両方兼ね備えていて、心がほっと落ち着きます。
Studio Wuuは、卑弥呼も以前
ライブをさせていただいたことのある思い出の場所。
なんだか、ちょっぴり思い出して
涙があふれそうになっちゃいました。
ほんと、最近は涙もろいわ~。

お腹も心も満腹な一日。
今日も感謝感謝。
スポンサーサイト
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © 卑弥呼の言の葉. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。